Everyone says I love you !

毎日、泣いて笑って喜んで哀しんでる、かなりラテンの血の濃い、そんな宮武嶺のエブリワンブログです!

7月13日(木)のつぶやき

2017年07月14日 | ツイートまとめ
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月12日(水)のつぶやき | トップ | 7月14日(金)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
取られまくりだよね…。 (リベラ・メ(本物の))
2017-07-14 08:30:36
Philippine大統領のみならず、世界中から手玉に取られまくりの安倍総理。今度のEPA交渉だって、欧州の手玉に取られ捲ったんだろうね…。
必読 (ラッキー)
2017-07-14 19:42:37
【年金で株!薬中アベ政権】同じ時間帯に160億円の注文 買ったのは誰だ?? 累計1600億円??
http://ameblo.jp/et-eo/entry-12288830900.html

株価2万円でも下支え 日銀、6兆円投入継続
編集委員 清水功哉
2017/6/26 5:30日本経済新聞 電子版

■物価2%との距離が大きい以上、緩和策の手は緩められない

めちゃくちゃ日本
すごくバカwww (諦めの理屈屋)
2017-07-15 00:25:41
今23を見ているが何なんだよ、これは?
子どもたちが体育館で体育座りして農作業しているお年寄りが溝にしゃがみこむ
映像に呆れた。
北朝鮮のミサイルが着弾した近くにいて
その程度でサバイバルができるのか?
ミサイル破片のみならずそこらの様々な破片がすさまじい速度でぶっ飛んでくるのになんだろう。リアリティ無さすぎ。
それだけでない。
北朝鮮が万が一ミサイル打ち込んで来るときは普通に考えればそこらの小学校や
野良仕事先にではないだろう。当然若狭湾などに群がる原発などに適当に連打してこよう。それだけでこの国の社会経済は潰滅してしまう。
このニュースを見て子ども時代に太平洋戦争体験者の親から聞いた恐ろしくも滑稽な話を思い出した。
いや笑い事はない。教育の恐ろしさを思い知らされたのだ。
具体的な地域名などははしょるがこんな内容だ。
国民学校、そう小学生だった私の親は先生から「爆風対策には親指で耳を人さし指と中指で耳をふさぐこと」と指導されていたという。ほどなく街の方に空襲があり事が終わってからそこに行くとどんなものに出くわしたか?
よその小学生たちの黒焦げ死体を複数見てしまったが「教えの通り」の格好で固まっていたとのこと。
親は半分呆れて笑いながら「爆風で内蔵破裂などするものだから鼓膜や目玉が飛び出るのを防ぐとか言っていたな」と語ってくれたものだ。なんちゅう無茶苦茶な教育するのか。それで街の子供が正直に言われたままにそんな格好で死んでいたとしまいには相当怒りながら語っていたものだった。

先程のバカ過ぎるニュースを見ていて改めて当時を知る年寄り層があの時代に雰囲気が似ているなんてことを投稿したり論じたりするのが理解できた。
この科学時代にあんなサイレン鳴らして
税金を無駄遣い、無知蒙昧な輩を煽り立てる安倍政権、許すまじ!
あっそう言えば
「ミサイルって死ぬんだ」なんてネトウヨのツブヤキを以前紹介していた方もいましたね。
安倍政権を未だに支持している層というのはそんなやつらばかりなんだろね。
無意味にもほどがある (Benny)
2017-07-15 14:02:37
諦めの理屈屋様
>「訓練」
まったくおっしゃる通り。音速を超える(=音が聞こえた時にはもう着弾している)ミサイルに対し、斯様な訓練ごっこなど100%無意味です。あれで納得するような人間は、たぶんアニメのミサイルしか知らないので、「ミサイル=なんか発射するけど大したダメージないやつ」ぐらいにしか考えていないのでしょう。

さて7/13ですが、アベはまたお食事会をやってたとか。
http://www.asahi.com/articles/ASK7F62H9K7FUTFK00R.html
『レストラン「WASHOKU 蒼天」で曽我豪・朝日新聞編集委員、山田孝男・毎日新聞特別編集委員、小田尚・読売新聞グループ本社論説主幹、石川一郎・BSジャパン社長、島田敏男・NHK解説副委員長、粕谷賢之・日本テレビ報道解説委員長、田崎史郎・時事通信特別解説委員と食事。』

九州災害の対応のために帰って来たんじゃなかったのか?たったの1日で終わらせて、翌日は美食三昧と。素晴らしい対応ですこと。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ツイートまとめ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL