霊犀社2

第2霊犀社(元祖第一は、田中逸平主宰の私塾)@霊際社@P。ネタ帳・メモ書きなど、まあガラクタ。嫌疑76件わざと表示拒否中

内偵、根拠、不確かが一つだけ、、。できれば複数ほしい、、あるいは確かがひとつ、、

2008-08-06 22:35:35 | LinkRecords
内偵、根拠、不確かが一つだけ、、。できれば複数ほしい、、あるいは確かがひとつ、、
Current1949説を一応支持、ただし依拠論拠史料確認済み手紙はまだ一通 のみ。もう少し確認取りたいところ、、。)、、。
との立場から、手紙一つでは説得力に乏しいかなと、アップせずにいた記事が著作権侵害記事の一つに挙げられた 
こういう?裏とり?作業は内偵に限るんですかね、ま、そうか。

しっかし、このショールズのバロン宛手紙
http://blog.goo.ne.jp/raycy/e/0b3433cfb262f4508027e960b4f96221
http://blog.goo.ne.jp/raycy/e/b0d1317ba9298c02830616eb4fe3cc3f
の my解説ブログ記事も著作権侵害に指定されているんだなあ。

そっかな?
アップせずにいた同内容をyasuoka氏管轄サイトにアップしたけれども、どうでしょう?
http://slashdot.jp/comments.pl?sid=402428&cid=1385069

アップせずにいたのは、yasuoka氏側が自信満々なので、(効率的市場仮説によれば?)よほどの根拠ネタをつかんでいるであろうからで、それを突き崩せるとすれば、存在の真偽の不確かな?ショールズのバロン宛手紙18720609だっけ?一通にたよってアップするのは、時期尚早と思えたからでもあったが、、
論拠の準備不充分でアップすれば、わざわざ叩かれにのこのこ出ていくことともなりかねない、、

myやっていることは、Current(1949)がQWERTY配列でのmy思う定説「(1)キー配列とタイプバー配置の強関係性」「(2)タイプバーの干渉の迷惑」を支えるのコア論拠と見做し、それは脚注22脚注26に支えられていると見ており、その「my思う定説(1)(2)」を単に確認復習する作業であり、単に追認?あるいは否定?検証繰り返しなので、前にだれかやっていてもよさそうなことでもあるし、、 
に対して、yasuoka氏側は新証拠をもって、「定説」を、打ち破ろうという、自説自論新説と、捉えている。

って、ともかく読みづらいのは たしかだなあ、、
――――――――――――――――――

gooブログって、自ブログ内検索が、公開しないと道がない。
って、バックアップとれば、バックアップでなら、自在は自在かも、、。アドヴァンスドだけども。
ブログ一般は、公開しないと、自ブログ内トラックバック関係を築けなかろう、、
非公開でも、自ブログ内のリンク関係は、築けて欲しい。検索も、もちろん。
ならメモ的にも使えるかも、だが、公開非公開の線引きがワンクリックで、危険も増すかもかな? ??

非公開記事部分に公開記事からトラックバックをつけるのは、あり?というか、
非公開がわから公開側へトラックバックは、まずいなあ?ありか?

れれ?非公開プらイヴェイトとバブリック側の交流法は?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本語をどう読むか | トップ | 自ブログ加言及記事 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
非公開記事へのトラックバック (霊犀社2)
非公開記事へのトラックバックhttp://blog.goo.ne.jp/raycy/e/a61f6f379bd669b0a2dec846f207d98c なんと、非公開記事に対してもトラックバックつけれて、公開設定にもできることがわかった。トラックバック公開設定にしても、記事が非公開なので実際には公開表示されるこ...