霊犀社2

第2霊犀社(元祖第一は、田中逸平主宰の私塾)@霊際社@P。ネタ帳・メモ書きなど、まあガラクタ。嫌疑76件わざと表示拒否中

ピアノ鍵盤の白鍵(手前側鍵盤)誤動作リスク軽減対策

2008-06-10 12:14:59 | えっとお、(書きかけかも)
(独白)本記事中の「誤動作」、当初は「誤作動」としていた。どっちがてきせつなのか、、。制御の用語としては誤動作に聞き覚えがあるが、何かちょっと違うような、、操作者の意志意図との関係でみるべきなのだろう?意図と異なった入力を伝えてしまう、その結果出力も意図と異なる。誤動作は、出力側だけで見ているような、、。だから、でも、その誤出力は、誤入力さえしなければ防げる類の誤出力だったんだ。単に誤入力でよかったのか?入力意図、入力未満、入力されちゃった⇔入力完了。入力完了⇒出力、入力完了と出力の間に”自由度”がない⇔一対一対応一意的な対応決定設計(ただし発音が零でないというだけで、その質表情のことをここでは問わないものとする。)誤入力完了リスク低減対策?長ったらしいややこしい、、
------------------------------
http://slashdot.jp/~yasuoka/journal/442247
ピアノの鍵盤と初期のタイプ・ライター - yasuoka の日記 2008 年 06 月 09 日PM 04:39
ピアノの鍵盤のアイデアは、「黒鍵が、白鍵と白鍵のちょうどあいだではなく、微妙に外側にズレている」という点にある 
なるほど、いかにも面目躍如安岡孝一ここにありといった着眼をお示しですね、微にいり細に入り、寸分の隙もなし。
では、当たり前すぎて書くまでもないことかもですが、よりprimitiveプリミティヴ素朴な?simple?一応別の観点として、
黒鍵を弾いた時に、お手つきならぬお指(の第二関節あたり?)つきで、白鍵を誤動作させてしまうリスク軽減策、ピアノ鍵盤の白鍵(手前側鍵盤)誤動作リスク軽減対策、も挙げておきます。

なぜ段なのかは、おとといあたりからだったか、ちょっと考えてはいたけれども、本記事に触発されて、さらに、ショールズら?の早時期の特許と一応ショールズだが実はグリデン系ぽい?別特許とを見比べると、

山田メロデオン流用説の図、流用の意味は、形状をってな意味かな?黒鍵相当キーにアールついてるし。安岡孝一( 2008 年 06 月 09 日PM 04:39)指摘のように、なるほどピアノのアイディアの影響を受けていないタイプライターの始祖の特許モデル機では、白鍵相当鍵の間中央あたりに黒鍵相当鍵は配置されてあるようだ。。て、この写真じゃ見取るのきついかな、、
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/34/e3/bf4606a41d5888d4e93bedc4e8917cb5.jpg http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/4a/18/e6dfa91e13967046171831c3627db228.jpg
images

ピアノの鍵盤とボタンアコーディオンのボタンとの違いについて、改めて気づかされた 。 掲載図のボタン状キーボードでは、ストロークがどうなってるんだか足りなそうだが、謎ですね。
おとついだったかから昨日辺りに考えた、
「なぜ段が必要か?ストロークの深さ?」Q謎『キーボード配列QWERTYの謎』Davidの引用(P.172)へのmy理屈中 
を、ボタンアコーディオンとの比較からみると、これらは二系統ともいえるか?手前側が低い段構造か、小ボタン∧フラット構造か、

小ボタンといえば、昨日たしかBlicken sderferあたり?から過去に遡及して”Rem-Mini”で引っかかった?ではないか、IBM PC Jr だかのキーボード・キーが小粒な四角で小さくって、評判悪くて無償交換だかしたって、、Chicklet Keyboard frm IBM PC Jr
    でもこれ、IBMなりの過去からのしがらみ旧弊を断ち切ろうとする試みだったのかも?なわけない?IBMの責任は大きいからなあ、こ の系統樹見ると。タイプライター電動化後のキーボードの機構構造にはキーの縦の並びに、手前から奥へ左に流れて並ぶ必要はなかったはずなんだから、?
盤面覆うキーボード設計のほうが、キーは打ち分けできる限り少しでも広面積のほうが、いいのかな?”自由度”が増す?拘束性が緩くなる?
親指シフトの親指の大型ボタンキーで、手全体の稼動域の拡大∪自由の拡大ってあったなあ 大きな親指シフトキー 霊犀社2
しかし、キーボードの全体サイズの問題もある。だから手の大きさに応じてSML、それにSSLL ←
-----------------------
Sholes Glidden Soule特許No.79265 の図希望は写真

探してたら、次の図に再遭遇
ついでの写真も貼っときます。ここのページの系統図をちょっとみると、ブリッケンスダーファーの扱いとか、どうなんだ?タイプホイール系でIBMセレクティヴへか、、なるほどね、、。あと、これもついでに貼っときましょう、http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/11/12/c4a4441553712777be10bf5227f5a80c.jpg
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Re:U.S.Patent... | トップ | one keystroke at a time. »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
Re:そんなアイデア、どうやってタイプ・ライターに拝借するのだろう? (霊犀社2)
そんなアイデア、どうやってタイプ・ライターに拝借するのだろう? ←いやあ、ご指摘鋭い。そうですね、ピアノの黒鍵の位置、気づかずに練習してたへたっぴい。ちょっとは意識に入れといた方が誤入力完了 ←(誤入力未満も?)を減らせるか? ところで、ピアノの鍵盤の...
連続してキーを「ダダダダッと押す」本意入力行為、、それを促す欲求。だめ待って!機械の都合が、、 (霊犀社2)
http://kazuyukik.at.webry.info/200502/article_41.html#comment 「毎パソ大会:全国で子供たちの熱いたたかい」(毎日新聞) (自称)アクティブ系プログラマの日々/ウェブリブログ:コメント安岡孝一 2005/04/03 15:25 ストロークが大きいがゆえにキーが戻ってくるのも遅...
二タイプバー接触時のふかく俯角を仮寸法で検討 (霊犀社2)
二タイプバー接触時のふかく俯角を仮寸法で検討http://b.hatena.ne.jp/raycy/20090930#bookmark-16374638 タイプバー・プリンシプル(原理)にもとづくタイプライターの実装、アップストライク式の機構説明模式図 以前の検討図を もう少し、仮定の寸法数字をに入れ...