霊犀社2

第2霊犀社(元祖第一は、田中逸平主宰の私塾)@霊際社@P。ネタ帳・メモ書きなど、まあガラクタ。嫌疑76件わざと表示拒否中

次世代にどのような社会を贈るのか?

2005-04-11 03:51:42 | 聴講メモ
Mini sympojium 050410, The 60th Annual Meeting, The Biogeographical Society of Japan

  The 60th Annual Meeting, The Biogeographical Society of Japan
西廣 淳(東京大学農学生命科学) 「次世代に『自然のめぐみ』を贈るには: 自然再生事業の可能性と課題」
[自然再生推進法] goo ウェブ検索結果
[自然再生法 公共事業] goo ウェブ検索結果
西廣淳のホームページ
[霞ヶ浦の湖岸 自然再生] goo ウェブ検索結果

唐津 ["アザメの瀬"] goo ウェブ検索結果
氾濫源[氾濫源 自然 再生] goo ウェブ検索結果
堤返し[堤返し OR 水起し OR 水起こし] goo ウェブ検索結果
水起し["水おこし"] goo ウェブ検索結果
土壌シードバンク["土壌シードバンク" 仮説] goo ウェブ検索結果

--------------------------------------

宮田 親平(日本医学ジャーナリスト協会名誉会長) 「飢餓から飽食へ,南北両世界をくぐり抜けて」
立花隆氏が文芸春秋をやめるときに、なぜやめるのか聞いたところ、「(忘年会OR宴会で)歌わせられるのがいやだから」といったふうな返答だったそうな。

ジャーナリストとして科学者の間を渡り歩いた。
理研では、いろんな専門の者が雑談だかミーティングする。学際的。

科学ジャーナリズムにも幾つかのブームが。売れる記事とは。理系専門事項紹介ジャーナリズム。
科学 万歳ブーム。公害問題ブーム。医療過誤追求ブーム。納得診療問題・がん告知問題。自然保護ブーム。
コメント   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世界のらーめん | トップ | 学問が権力を持った時に始め... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

6 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
粘土で会議 (ほわっと)
次世代にどのような社会を贈るのか? 西廣 淳(東京大学農学生命科学) 「次世代に
メモ 緑様々。都会人@観念∨農家@緑害。昭和世代@里山∨平成世代@観念。日本@梅雨∨欧州@砂漠。 (霊犀社2)
都会人の緑は観念論で、思い浮かべるのは里山の郷愁がある。←→農家の緑は切実で生活が掛かっており、雑草の緑害だ。(緑害は、小田原の村越さんから聞きました。201回横セミ20060318) --------------- 昭和世代は とりあえず記憶の中に里山がある。←→平成世代は自然
思想の採算性。本が売れるかどうか、視聴率が稼げるかどうか、、 (霊犀社2)
思想の採算性。本が売れるかどうか、視聴率が稼げるかどうか、、 共産・社会主義に限らず、主義イズム、思想 と 採算性、ブックセールス、メディアセールス。 http://raycy.seesaa.net/article/14353842.html 霊際: 改造社と山本実彦 松原 一枝 (著) 科学ジャ ...
実利主義 実用主義 (霊犀社2)
実利主義 社会主義は商売の一便法 科学ジャーナリズムにも幾つかのブームが。売れる記事とは。 実用主義との間に差はあるのか? やまとごころとはどうなのか? 世渡り。そのスタイルの選択の差なのか? 霊犀社2 やまとだましい≒世渡りの道・世渡りの知恵?生きる力、...
明けても 太った豚について 19:目線の問題 (霊犀社2)
→というわけで、  立花隆の(*1)→視点は、土方成美の心理の側に則して、立脚して、構成されているかにも、思えてきたのである。すなわち、 1937年 矢内原忠雄説 身体ばかり太って魂の痩せた人間を軽蔑する。←(*1) 1937年 土方成美説(ただし1965年記載、my未確認) ...
SDIへのゴルバチョフ的対案?人類人間圏へのローマクラブ的課題?資源食糧国有利世界への転換狙い? (霊犀社2)
SDIに対して、ゴルバチョフが持ちかけた対案?人類人間圏へのローマクラブ的課題?資源食糧国有利地下資源保有国食糧自給輸出国に有利な世界への転換? SDIへのゴルバチョフ的対案?人類人間圏へのローマクラブ的課題?資源食糧国有利世界への転換狙い? うがった...