霊犀社2

第2霊犀社(元祖第一は、田中逸平主宰の私塾)@霊際社@P。ネタ帳・メモ書きなど、まあガラクタ。嫌疑76件わざと表示拒否中

エントロピーが増えない世界 (20℃+80℃)/2=48.6℃?

2005-10-10 11:43:10 | LinkRecords
エントロピーが増えない世界では、逆立ちゴマは永遠に逆立ちできない。
摩擦があるからこそ、地上でのコマは、転倒に対しても姿勢を制御・維持できるのであるという。コマ 摩擦 逆立ち反力が必要。適度な摩擦が必要。


摩擦はエントロピー増大か。摩擦 エントロピー

摩擦が無ければ、歩けない。立ち続けることもできない。(推進も姿勢制御も、反力無にはできない。)

おしゃべりもできない。音声拡散がなければ、受話送話もできない。
通信のエクセルギー効率。


エントロピーが増えない世界では、20℃と80℃の水やお湯を平衡させると50℃にはならない。
20℃と80℃の水やお湯を平衡させると約48.6℃になる。そして、残余の分は、エクセルギーとして系内のどこかに保存されていなければならない。
その保存されたエクセルギーを使えば、また元の20℃と80℃に戻せる。いつでも過去に復元できる。

新宮 秀夫(著)幸福ということ―エネルギー社会工学の視点から NHKブックス
187ページより 借用)

これは過去にこだわった世界ともいえる。というか、生きた証(あかし)を残さないことができるか という 問い だ。生きた証を消されないためには、復元材料を残すのは不利。?モース コレクションは?これを人々の記憶から消すのも無理か。
へんちくりんユニークなコレクションこそ、生きた証を残すための努力なのかも知れぬ。ベストセラーばかり集めてもなあ、、 でも、意外と、チラシなどに、穴があったりするし。。


時間は過去には戻せない。全ての過去を記録することはできない。起こったことを、人々の記憶から消すこともできない。
同一時間軸で暮らす人々の世界で、あたかも時間を戻すためには、起こったことを、それはそれとして、あたかも無かったかのごとくに暮らさなければならない。これができて 許す といったことになるのか。

人は 通常 閉鎖系では暮らしていない。人的にも、誰にも知られずに 生きて居ることは まれである。孤島で、両親が直ぐ死んだ場合とか。ジャングルで出産後、母が直ぐ猛獣に食われたとか。

存在の記憶は残る。 んと、間引き。む。

積極的に発展的に忘れるためのエクセルギー消費。
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 温度差は 大きいほど有用か... | トップ | 温暖化より 都市部における... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
新宮 秀夫(著)幸福ということ―エネルギー社会工学の視点から NHKブックス (霊際)
幸福ということ―エネルギー社会工学の視点から NHKブックス 新宮 秀夫 (著)
中学生にわかる 「エネルギーとは何か?」 新宮秀夫 (霊際)
中学生にわかる 「エネルギーとは何か?」 新宮秀夫 http://www.enekan.jp/archives/2003/02/post_17.html 京都エネルギー・環境研究協会■エネカン■: 中学生にわかる 「エネルギーとは何か?」 http://blog.goo.ne.jp/raycy/e/880be1ec8df1e8b555a5696da7e6bc4f 霊犀社...