霊犀社2

第2霊犀社(元祖第一は、田中逸平主宰の私塾)@霊際社@P。ネタ帳・メモ書きなど、まあガラクタ。嫌疑76件わざと表示拒否中

1882年版QWERTY配列の英字26文字部へ擬似乱数で代替配列案、隣接タイプバーの連続打字機会頻度で採点する

2010-12-01 13:08:29 | LinkRecords
1882年版QWERTY配列でのアルファベット26文字部を並べ替えて隣接タイプバーの連続打字機会頻度を推定する。
1882年版QWERTY配列でのアルファベット26文字部のランダムな並べ替え案を 隣接タイプバーの連続打字機会頻度で評価する。
1882年版QWERTY配列での英字26文字部の擬似乱数による代替配列案を 隣接タイプバーの連続打字機会頻度で評価する。
1882年版QWERTY配列の英字26文字部へ擬似乱数で代替配列案、隣接タイプバーの連続打字機会頻度で採点する
    ただし、
    1. タイプバーの並びとキーボードキー配置の間には、ディッカーソンの規則性があると仮定する。
        その場合 実際にタイプバーに隣接関係が生じるのはQWERTY配列を例に言うと AZSXDCFVGBHNJMK の15文字の並び部分である
    2. 大文字あるいは小文字打字操作のみとし、シフトキー操作での操作タイミングのずれは ないものとする。
    3. 打字頻度評価は、ブラウンコーパスを打字した時の頻度を以って行う。

現シミュレーションの問題点、
  • 現在のアルゴリズムでは、対象15文字区間が同一な配列を排除していない。重複してカウントされている可能性がある。
  • ソフト構成は、Excel2003でやっており、擬似乱数などworksheet関数とvbaでの繰り返しDo Loopなどで組んでいる。

サンプル数――並べ替え代替オルタナティヴ提案数――が増えるほど、分布度数の荒さが減っていくようである。1万と6万では、6万提案のほうが、分布の乱れが減り、連続曲線状になっているようである。

Y軸:順列度数-X軸:頻度区間,
Y軸:対数順列度数-X軸:頻度区間,
Y軸:順列度数-X軸:対数頻度区間,
Y軸:対数順列度数-X軸:対数頻度区間,




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タイプライターの数学・科学... | トップ | QWE,TYIUOへ QWERTYUIOPへ、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。