霊犀社2

第2霊犀社(元祖第一は、田中逸平主宰の私塾)@霊際社@P。ネタ帳・メモ書きなど、まあガラクタ。嫌疑76件わざと表示拒否中

タイピストの初出は1907年?あれ?じゃあタイピングの初出は?

2008-07-10 23:37:38 | LinkRecords
文献に見られるタイピストは1943年が初出とのことのようだったが、
http://www.etymonline.com/index.php?search=typist&searchmode=none
etymology typist

それは職業としてのかな?タイピスト募集とか?第二次世界大戦中のアメリカでは?
戦時求職徴用?応召?

タイプする人一般という意味のタイピストのほうが古いのかな?
ヨーロッパ特許のタイトル要旨検索では1907年申請が古そう、、
DE はデンマーク人かな?非英語圏人だからこそタイピストと書いたか?

タイプする人、タイプ打つ人、
タイプを打ちますか?
タイプ打てますか?
タイプ人ですか?
タイプ者ですか?
Are You ・・・‐ist?

職業としてのタイピストは、まずは書記として、タイポグラフライターとして、タイプライター、タイプ筆記者ライターとして、、 そのうちにタイピストになったのかな?当初はタイプライターが人をも表していたかな?
それじゃあ紛らわしいから、マシンをタイプライターと、人をタイプ ライターないしタイピストと呼ぶようになった?

アメリカパテントでは1929年 が古そう

イギリス特許の方が、盛んだったのかな?
てか、ヨーロッパにはタイプボールとかの歴史が、索引式的なタイプライターの歴史の厚みが結構あるあったのかな?

タイプ、打てといわれれば打てますけど、、
泳げといわれれば泳げますけど、、

簡潔な表現を心がけると、特許要旨のような?縮約的にthe operator who is type-writing , who is typing

あれ?じゃあタイピングの初出は?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« typist 1907 | トップ | ”The american type writer” »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。