霊犀社2

第2霊犀社(元祖第一は、田中逸平主宰の私塾)@霊際社@P。ネタ帳・メモ書きなど、まあガラクタ。嫌疑76件わざと表示拒否中

もったいない論争>>戦争?。岡田美里の、堺正章の、それぞれの「もったいない」。

2006-11-30 11:58:50 | LinkRecords
もったいない論争。岡田美里の、堺正章の、それぞれの「もったいない」。

彼らの枕を分つたもの、それは、あやふやな、堺正章、堺‐美里ファミリーへのファンの気持ちなのか?

相続・贈答。そのふんだんについて、どう考えるか。石油の贈り物、地下資源などの、、

計画的にやれば、横綱千代の富士を抱えた九重部屋が、食料倉庫、を建てるという解決法がある。冷凍倉庫、これで、部屋の家計を賄える。と。


ファンの気持ちと捉える。ありがたい。あれ?過分なお言葉、もったいない?。上方乖離例?あなたがもったいないはずでしょう。私には、もったいない。

岡田美里の、ネゲントロピーの天井を越えた、豊富。捨ててはいけない、腐らせてはいけない。禁止、失敗、責任、叱責、萎縮、PTSD、ドメスティックバイオレンス。

岡田ミリが超巨大化して、エビカニをばくばく喰いまくるの図。

------------------------------------------------------

http://mlabo.seesaa.net/article/23409741.html
mottainai Labo もったいない研究所: 岡田美里 堺正章 価値観の違い。各々のネゲントロピー空間の座標系の違い。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エントロピーの天井 | トップ | 蕩尽系経済学。永続系経済学... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
0.テーマ決めの拠りどころ:もったいなさの定量的表現の理論的基礎 (mottainai Labo もったいない研究所)
「もったいない」は残存価値や、理想プロセスと乖離した低効率で物事が、放置された状態を形容する場合に使われていることがある。値打ちを値踏みする形容ことばだ。 これとちょっとは似た値打ちの値踏み表現に「ありがたい」という形容詞がある。こちらは「棚か ...
情報 価値観 主観 エントロピー。集団の全機的挙動。 (霊犀社2)
情報 価値観 霊犀社2 情報の読みは 価値観によって変わってくる メモ 系と系をつなぐ系。言語はそのひとつかな。言葉が通じるということ。史料解釈。系間差異変換。 価値観は変動する。 霊犀社2 大河内一男 「働く」こと 社会保障 価値観 多様な価値観。が時...