霊犀社2

第2霊犀社(元祖第一は、田中逸平主宰の私塾)@霊際社@P。ネタ帳・メモ書きなど、まあガラクタ。嫌疑76件わざと表示拒否中

コメント

2007-01-23 08:57:01 | LinkRecords
「物理学ではエントロピー概念にあいまいさはない」について
あいまいさが無いとされる領域に限って物理学をやっていないか
というか、物理学が語りうる系の条件と、現実の系と、、、

エントロピー読本でも若干語られている。
霊際: 別冊経済セミナー『エントロピー読本I』,日本評論社(1984)

現場の前線へ、学問サイドから、何か補給できているか。、、、例えば工学へ、日常判断へ、、。向きが逆か。現場に多少は適合的になるように、原理の説明変数をいじるとか?学問側が、現場への適合性を高めるために書き換えを迫られるのかも。
学問間の内部者間では、知の交信はできているのか。

工学系、工業熱力学と統計力学の結節、、 エクセルギーと統計力学とか、、
工学系と日常系との結節、 学問内部での結節、、 コミュニケーション会話可能性、理解の前提

エントロピー概念の理解の不安定さ。その由来は。
熱力学と統計力学の結節の悪さ。
霊犀社2 エクセルギーと物理学 近そうで遠かった?
霊犀社2 統計力学へのエクセルギーの導入と佐藤のK‐Lネゲントロピー

切り離された刻まれるエントロピー的観点とエクセルギー的観点。分断されるエントロピー。
赤池の指摘。
http://raycy.seesaa.net/article/28515013.html
霊際: 赤池,弘次 エントロピ-を巡る混乱(1985)

エントロピーは、熱力学が生まれる過程で生じたが、いまエントロピーは、ひとりいわゆる物理学のものではない。

”ボルツマンの負のエントロピー(赤池弘次)””佐藤正隆のネゲントロピー”で、理解・解釈の整理 の可能性。

定式化された「クラウジウスのエントロピー」に問題はないか?
エントロピー。なぜ かくも分かりにくいとされるのか。
身体感覚、認識論的に、必要以上に捕らえにくい量概念の設計なのかも。
慣れや 教育・学習の問題なのか?


分断されるエントロピー。知の官僚化。お役所は資金供給ある限り際限なく分離増殖発展する。
学問の官僚化。専門分化。細分化。学問を打ち立てる。学問で家建てる。

ネゲントロピー。学問界を見渡しやすい一つの視点提供の可能性。細分化の進行の中での見通し方の一つの方法、相互理解可能性、交信可能性。
全体理解の可能性?としての”エントロピー””ネゲントロピー”
用語エントロピーは、間口が広い。
まずは熱力学と統計力学の結節の改善から。(そして量子力学へと。
 さらに情報理論へ?と。)

学問の多様性?理解の中央、概念の要 の共有化と兵站の整備。学問前線への資源のよりいっそうの配分。
------------------------------------------------------------
「エントロピーとエクセルギーで廃棄物を考える」
エクセルギーとは何か。高橋秀俊にみる負のエントロピー(ネゲントロピー)とエクセルギーへの思いの変遷・歴史。
負エントロピ 高橋秀俊(1965)
霊際: 高橋秀俊 エネルギの価値 : エネルギ開発持集号によせて

理研シンポジウム 高橋秀俊 押田勇雄(1977)
押田勇雄「太陽エネルギーの研究者から」(1977)
高橋秀俊「エクセルギーという価値の尺度」(1977)
高橋秀俊「エクセルギーについて(続)」(1979)
(エントロピー学会誌えんとろぴい53号(2004) 藤田祐幸「エントロピー学会20周年の成果とこれから」より)

霊際: 価値尺度としてのエネルギー ‐エクセルギーの概念について‐ (高橋 秀俊)(1978)
エクセルギーの定義に含まれる「環境」という あまり「客観的」でない量という感覚。

霊際: 高橋秀俊 省エネルギの物理的基礎(1979)

負のエントロピー 高橋秀俊(1979)
霊際: エクセルギー 高橋秀俊
負のエントロピーは、定義不能、測定不能、事後清算。

そして、その弟子筋でもあった、後藤英一によって、エクセルギーの定義に疑問が呈されたのであった。
霊犀社2 エクセルギーの定義と公式の改訂(2002)

その、解消案が、赤池のボルツマン解釈なり 佐藤正隆のネゲントロピー なのではないか。
-------------------------------------------------------
「環境の多層構造と生命」
自明ではない、エントロピーから帰結されるとされる”循環”論。

相変化の問題。ネゲントロピーと構造。無次元数の性質。

地球の、五右衛門風呂構造。
霊際: 都筑 卓司(著)マックスウェルの悪魔
地球大気の光透過率が結構高い?こと。
地表が直接放射加熱冷却をされるということ。地表温度が比較的高く、大気密度の不安定が太陽光照射受光部に生じやすいこと。

日本では、大きな温度変動は日変動である。昼と夜のローテーションが、循環を生む原因となってはいないか。昨日の昼を片付ける、明日の昼に備える。
季節変動が、地軸の傾きと公転が、季節調整を、季節に応じた暮らし方を選択させるのではないか。葉を落とす、(葉を)芽吹く。
自転公転。月は離れている?自転は遅くなっている?失われる地球系太陽系エクセルギーとその発現形としての地球現象。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 締め切り 最善の努力 浦沢... | トップ | エクセルギーと投資 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
価値 エネルギーの価値 エクセルギー エントロピー (mottainai Labo もったいない研究所・研究室)
価値 エネルギーの価値 エクセルギー エントロピー 高橋秀俊の場合 http://blog.goo.ne.jp/raycy/e/1364b0a0c936d47d98b9687c9ca47b16 霊犀社2 コメント エントロピー学会の場合 http://mlabo.seesaa.net/article/28498212.html mottainai Labo もったいない研究所・研...
マクロな物理、ミクロな物理 情報 量子力学。 (霊犀社2)
霊犀社2 量子論と物理学の分裂に関連か? 佐藤正隆のネゲントロピーは、統計力学的なエクセルギー表現を可能にし、さらに情報理論にも繋がる。マクロな物理、ミクロな物理の連携を高め、さらに情報論と物理との結節を高め、情報論絡みの事象を扱いうるともしている。mott...