霊犀社2

第2霊犀社(元祖第一は、田中逸平主宰の私塾)@霊際社@P。ネタ帳・メモ書きなど、まあガラクタ。嫌疑76件わざと表示拒否中

水に流す国。砂に流す国。砂のエントロピー。砂漠の富栄養化について。

2006-09-19 15:24:57 | LinkRecords
抑留帰りの方で、お守り袋のお札(おふだ)の紙で、用をたした後の尻を拭いていたという話を又聞きした。お札(おふだ)の紙は和紙で、砂漠の砂の上に、石の重石を載せて置いておくと、砂ですっかり洗われてきれいになっていて、また何度となく使えたのだという。これほど神様がありがたいことは無かった、てか。
つまりだ、水の国ジャパン。まっ、循環式閉鎖水ならどうか、だが。砂資源の豊富な国なら、砂資源で洗浄してはどうか。砂に、残余の廃棄養分を処理するのである。食器洗いとかも。砂洗式トイレ。そして、やがて、砂漠の富栄養化が問題となる。そのころには、洗浄用途としての、砂漠の資源性は棄損されていると言うことなのであろう。

サンドブラスト
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マッカーサー 体格調査 戦後 | トップ | インピーダンスを合わせる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。