城の南西の森

備忘録代わり

面接

2002-02-15 23:56:31 | Weblog
面接に行く日。
朝6時に目覚まし時計で起床、
午前9時前の快速で栃木を出発。

電車の窓から外をぼんやり眺めてるのは好きな時間。

何度か乗り換えて千葉駅へ。
学生の頃、新宿で朝まで飲んだりしたあと
千葉市に住んでたやつが総武線の各駅で帰っていってたけど、
この路線を使ってたんだろうな。

朝の5時に新宿ゼニスから出てくるあの感覚、また味わいたい。

千葉駅で下車してバス停を探すも、目的の乗り場が見つからず。
案内板を見て、どうやら千葉駅は二つに分かれてるようで
連絡通路を渡っていった所に大きなバス発着場を発見。
こちら側の入り口のほうが大きく店も多いですね。
時間がまだあったので本屋で時間を潰す。
欲しい本は無かったです。

12時ちょっと前にバスに乗り込む。
バスで20分ほどの距離。
この距離だと、さすがに歩いてくるのはきついか。
迷ったら大変だし。

面接会場はバス停からすぐ。
面接まではまだ時間があったので近くのマクドナルドで昼食。
午後1時15分頃まで店で過ごし、いざ面接へ。

午後2時からなので30分程前に受付で連絡をする。
今月初めにリクルーティングルームで見かけた社員の方が出て
待合室まで通される。
ちょっと経って、待合室にもう一人面接希望者の人が入室。
案内の人にやたらハキハキ答えてたのが印象的。
30分程遅れて面接開始。

別室で一人一人呼ばれての面接。
部屋にはリクルーティングルームで見かけた人事部の人と
専務らしき人の二人。

まず大学を卒業してからのことを聞かれる。
県警の試験勉強をしてたと答えると、何故県警を受けたかと聞かれて。
人の役に立つ仕事がしたかった、と答えると
どの仕事も基本的には人の役に立っている、との答え。
他に志望した理由は?と聞かれる。
「安定した公務員になりたかった」とでも答えれば
満足するのかなとも思ったけれど、それを言っちゃおしまいだと思い
「周りから正義感が強いと言われるのでその影響もあると思います」と返答。
すると「正義感が強いと融通が利かないことがあるがどうですか」と聞いてくる。
俺は「そうかもしれないですね。」とどうでもいい返事。
他に聞かれたことといえば、小売業のイメージとか長所、短所など。
小売業について専務から説明を聞いてるうちに、
俺と専務との間が何十mも離れてるような気がしてきて。
軽い眩暈のようなものか。
ずっと相手の目を見ていると、こんな感じがして倒れそうになる。
こんなに説明を受けるってことはダメってことか。

最後の質問のときに、入社後の研修について聞いてみた。
他のことについては説明会のときに聞いたので特にない、
と答えて面接終了。
午後3時ちょっと前。
面接後はそのまま会社を出る。

会社の門を出てバス停に向かう間、コートを羽織ながら
「クソ!クソ!」とひとりごちる。
またハローワーク通いだとか思いながら。

バス停にすぐに来たバスに乗り、千葉駅へ。
明日は整理券を取る方式か。

スーツにコートで駅の中を歩いてると
自分が社会人になったような気がして
ちょっと嬉しいやら、やけに悲しいやら。

栃木には午後6時ころ帰ってくる。



Mステにメロン記念日が登場。
メロンとしては初ということなので、
シャッフルユニットのときの映像が流れる。
画面にノイズが無ければ録画したのに。

CDTV-Neoに市井ちゃんが出てた。
こちらは録画する。
市井ちゃん、ハーレーとか好きなのか。
俺は二輪の免許は持ってないからなあ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加