板橋亮平のジョン・ロールズ研究

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

これから論文を書く

2017-06-14 15:53:34 | 日記
ロールズの批判的序説です。

今まで擁護してきましたが、よく読むとロールズの言葉の足りなさ・曖昧性が払拭できず、今に至っているわけです。

ロールズを知ったのは1997年ですが、功利主義を規範とする理論は、経済学をやっていたので。ある程度すんなり入り込むことができました。

いま、ハンド・アウトを見ながら、何を書こうか決めています。

決して難しいことをロールズはいっていません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 英文 | トップ | 英文 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。