断捨離な日々

日々の生活を大切にしよう!
弱者に優しく、再チャンスのある
環境大国を目指そう!!
現在、断捨離中

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

クリントン国務長官「中国は、20年後世界で最も貧しい国になる?」

2012-09-26 | 中国

親中派と思われていたクリントン国務長官が このままでは 中国は 20年後 最も貧しい国になる と講演。

その通りだと思うけど、逆に友人としての警告なのかもね。 ホント、クリントンは中国を分かっていると思うね。

たぶん、文化大革命で、文化と知識階級を殲滅した事で、中国人は大きな物を失ったのだと思うけどね。

古い中国文明の素晴らしさに学び、中国残留孤児を育ててくれたり、蒋介石の対日賠償の放棄等、(中華民国だけどね)

日本人は、中国人の器の大きさに 感動したけど、今の利己的な守銭奴のような中国人を見ると、昔憧れた中国人は、

ほとんどが 幻のように消え去ってしまったのだと 寂しさも感じるね。

*****

http://www.ntdtv.jp/ntdtv_jp/society/2012-07-05/226758431876.html

【新唐人日本2012年7月5日付ニュース】

最近ネット上で、クリントン米国務長官がハーバード大学での演説文が広く転載されている。その内容は20年後中国は世界で、最も貧しい国になるというのだ。

 
根拠は
1. 移民申請の状況から見て、中国9割の官僚家族と8割の富豪がすでに移民申請を出した。またはその意向がある。一国家の指導層と既得権益階級がなぜ自国に自信をなくすのか理解しがたい。
 
2. 中国人は社会の個体として、国家と社会に対して負うべき、責任と義務がわかっていない。国際社会に対して負うべき責任はなおさら分かっていない。受けた教育或いはメディアの宣伝はほとんどが憎しみと他人または他国を歪曲した内容で、人々の理性と公正な判断力を失わせる。
 
3. 中国は世界で数少ない信仰のない恐ろしい国で、全国民が崇拝するのは権力と金銭のみだ。利己的で愛心のない、同情心を失った国家が国際社会の尊重と信頼を得られると思うか?
 
4. 中国政府の所謂政治は人民を騙し人間性に背く以外の何物でもない。人民大衆は過去の権力の奴隷から今は金銭の奴隷に変わった。このような政権がいかに人民の尊重と信頼を得られるか。
 
5. 大多数の中国人は「面目が立ち」、「尊厳のある生活」とは何か全くわかっていない。民衆にとっては権力と金銭の獲得が生活の全てで、成功なのだ。全民腐敗、堕落といった現象は人類の歴史上でも空前絶後だ。
 
6. 憚ることのない環境破壊と資源の略奪、贅沢と浪費の生活方式は何個の地球だと供給できるのだろか?他国が危惧するのも当たり前だ。中国政府はいつも民衆の注意力を他国にそらし、敵を造り、自分の圧力を外部に転嫁させようとするが、時代の流れと人類文明の趨勢に従い、自ら変革を起こし、民生に関心を払い、民主を重視し、無責任な抑圧をやめるべきだ。でないと、中国はますます不安定になり、将来大きい社会動乱と人道災難が出現し、20年後 中国は世界で最も貧しい国になるだろう。これは全人類と災難であり、米国の災難でもある。
 
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 
 
 
ジャンル:
政治
キーワード
クリントン バード大学 文化大革命 中国残留孤児
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 尖閣問題 〜 ネオコンの筋書き... | トップ | 日本と中国との文化・思想の違い »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。