ウツとネガポジな日常

鬱と癌と共存中のオバサンの日記

それでも悲観はしないのだ

2017-04-23 20:05:34 | 日記
“稀なケースに自分がなれるかも”なんて思ってない。

だからと言ってダメだと絶望もしてない。

ただ最悪の場合を想定して頭の隅に置いておくだけ。

考えても“ワカラナイ”ことだから。

ただ今出来ることをするだけだ。

思えばいつもナーバスになる時やウツになる時って、やり場のない怒りや哀しみが永遠に続いて自分の将来が暗いと心配したり不安にとり憑かれてる時だったように思う。

結局のところ類友や波長の法則なんだ。

不満や怒りを常に抱いて生きてれば似たような人に関わり不満や怒りを抱くような環境に流れてく。

もったいないよね。

悪口言ったり常に不満だっり怒っていても悪い因果を増やすだけだし、それに添った未来になってくだけだもの。

確かに副作用がしんどいと明るい未来なんて想像しずらいし、実際病の状況は厳しいまんまだけど。

これから、どうなっていくかなんてワカラナイけど踏んばるしかない。

自分の人生だから。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 寝てから考えよう | トップ | 久しぶり?と有難い1日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。