ウツとネガポジな日常

鬱と癌と共存中のオバサンの日記

抗がん剤治療5回目

2017-04-25 19:48:15 | 日記
湿疹やお口イタイイタイが酷くなったと先生の判断で今回からベティビックスは暫くお休みにしてベースの5-FU、レボホリナート、オキサリプラチンに新たな抗がん剤アバスチン(ベバシズマブ)に6回目から変更になった。

5回目の今日はベティビックス無しのベースのみの点滴になりました。

血液、尿検査も問題無し。

ずっと減少してた血小板が初めて少し増えた。

腫瘍マーカー

ガン細胞が作る特徴的な物質で私の原発はS状結腸ガンなのでCEA、CA19-9を見る

この数値は有難いことに抗がん剤治療を重ねる毎に減少してくれてる。

最初の数値が2017/02/15でCEA(基準値0.0~4.9)160.6→2017/04/25今日17.1。

CA19-9同じく(基準値0.03~6.9)182.2→今日28.9。

こんなに違うもんなのかな?

とりあえず“現時点”ではガン細胞は増えてないみたい。

有難いことです。

しかし、病院から帰宅中に今回は左手の肘から指先まで麻痺して手が小刻みに震えながら固まってビックリ。

ずっとじゃなく指を動かすとキューっと筋肉がつるような感じになって手が勝手に握りこぶしを作って数分動かなくなるみたいな感じです。

風邪が当たる皮膚は、まるで冷たい霧雨の中を歩いてるみたいになった。

まぁ、毎回毎回違うバージョンのオキサリプラチンの副作用が出て“今回はこうきたのね”って感心する。

昨日、いい気分で湯に浸かってたら両手両足の指の第一関節から指先までドーンと黒ずんでて指先だけ明るめのトーンの有色人種みたい。

今は多少薄くはなってるけど。

さて、新しい抗がん剤のアバスチンは如何に。

私が「まだ我慢出来る範囲内です。」と副作用の症状を説明したけど“結構副作用が強くなってるから、ベティビックスはお休みにしましょう”と例のイタイイタイ顔をしながら言ってた。

優しい先生だな。

有難いことです。

ジョイマン先生ありがとう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 久しぶり?と有難い1日 | トップ | 今回の副作用 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。