日日是好日

「アナザー・カントリー」について、実に主観的に書き散らしてます。
たまに身辺の雑記も。

昨日の能

2016-10-15 10:08:04 | 
「松風」


観てよかった。

まず、橋掛かり。
シテの松風と、ツレの村雨が、距離を置いてじっと見つめあう。

恋敵同士が(二人とも行平が愛した女)が対峙しているようでもあり、
また同じ想い分け合っているようにも見える。
逆に、一人で済む愛人役が、二人に分裂したようにも。

あるいは、一人に、松風に、行平が憑依しているのか。


舞台は正面に移る。

太鼓と笛をバックに、
村雨は何やら落ち着かない。
だが松風は、作り物の松をじっと見つめて、微動だにしない。
人間としての強さか、
はたまた人形のように魂がないのか。

ドキッとしたのは、
松風が汐を汲むシーン。
袖が松に引っかかったんですよ。
松が倒れるんじゃないかと心配になった観客は、
私ひとりじゃないはず。

あれは事故だったのか。
あるいは、行平(松風は松を行平と見誤る)への執着の現れか。


そして舞。

松風は時として男になり、女になる。
男としての強さ、弱さ。
女としての強さ、弱さ。
両性具有ともなる。
もともと能役者はすべて男で、
それが女の役を割り振られ、
また男の狩衣と烏帽子を着て舞うのだから。
性的な「ゆらぎ」には、めまいがします。

座ったきりの村雨は常に「女」だから、
その対比が生きてくる。

最後には性を超越した存在となり、
僧に回向を頼む。

えかったなあ。


次の能は、ぜひ、脇正面の席を取りたいです。
『演劇』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 久々の小説更新 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。