DIARY yuutu

yuuutunna toki no nikki

(1)すべての国民の代表者&(2)自民党総裁派閥包囲網

2017-07-13 21:30:33 | 日記
(1)首相は、すべての国民の代表者
 室井佑月氏(1971-)が、『週刊朝日』(2017年7月21日号)で言う。「総理大臣は自分の支持者だけの代表者ではない。すべての国民の代表者である。」
《感想》まさしく大原則だと思う。

(2)「麻生派、岸田派、額賀派が総裁派閥(細田派)包囲網」(『週刊朝日』(2017年7月21日号))
 都議選惨敗後の自民党諸派閥の状況は次の通り。
①額賀派(55人)(田中派の流れを汲む)の非公開会合では、安倍首相批判噴出。綿貫民輔氏が、「安倍首相のブレーンに竹中平蔵氏が居るのが元凶だ」と、加計問題に関連し発言。
②岸田派(「宏池会」)(46人)の岸田氏は「9条は変えるべきでない」と、すでに言及している。
③新・麻生派(「志公会」)(59人)の麻生氏は、自分が76歳なので、岸田氏(59歳)を推しキングメーカーをめざす方針?(岸田派と合流し「大宏池会」結成もありうる。)
④石破派(19人)の石破茂元幹事長(60)は閣外から、安倍批判の急先鋒。地方の党員・党友に人気がある。
⑤第一派閥は、安倍首相の細田派(96人)。
⑥無派閥の野田聖子元総務会長(56)が、「国民ファーストの会」(仮称)の小池氏と組む可能性もありうる。
 公明党の山口那津男代表は「(改憲は)政権が取り組む課題ではない」と安倍首相を牽制。創価学会の池田大作名誉会長は「憲法9条は絶対触ってはいかん」との立場。
《感想》政治は「一寸先は闇」と言うから、どうなるか?今の与党の状況は、およそ上記の通りだろう・・・・
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 誤解ばかりされる | TOP | 自然科学が妖怪たちを完全に... »

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。