DIARY yuutu

yuuutunna toki no nikki

ジョン・クロウ・ランサム(John Crowe Ransom)(1888 - 1974)「青い娘たち(Blue Girls)」:若い娘たちは、魂を醜くせず年老いてほしい

2017-07-29 21:32:56 | 日記
 青い娘たち

青いスカートをひるがえし、芝生を踏んで
学院のいくつもの塔の下を通って、
つむじ曲がりの老先生たちの話を
一言も信じないで聞きに行きなさい。

さあ髪に白いヘアバンドをつけ、
先のことなど考えるのをやめなさい。
草の上を歩き、
空でおしゃべりするルリコマドリのように。

失われる前に、青い娘たちよ、きみたちの美を実践しなさい。
そうしたら私は声を張りあげ
いかなる力も永続させえないその美を、喧伝(ケンデン)しよう。
美はそれほどに、もろく、はかない。

というのも、ここに一つの実話がある。
私が知るあるご婦人は、ひどく口汚く
目は、青さを失ってかすみ、
彼女の完全さはすべてそこなわれた。だがついこの間まで
彼女は君らの誰よりも、かわいかったのだ。

《感想1》
若さは、長所も短所もある。
若さは未熟さである。
若さは残酷で、危険でもある
だが、ここでは、老人の男性が、娘たちの若さの美を讃える。
《感想2》
女性にとって、若さの美は、ひと時とは言え、確かに存在する。
ただ、若さの美が実践できるためには、若い娘たちが、幸せに生活できなければならない。
《感想3》
老いることで、肉体は、機能が低下する。
確かに、これを醜くいということも出来る。
しかし例えば、カネがあれば、美しい装いもできるし、センス良い生活もできる。
また努力すれば、肉体的機能・外観を自己コントロールもできる。
《感想4》
だが、なによりも、魂が、重要である。
魂の美醜に、年齢はない。
《感想5》
若さの美は、実は若い魂の美である。
素直な若い魂は、美しい。
若くても、醜い魂もある。
若い肉体の美しさに、同時に美しい魂が宿れば、一層美しい。
《感想6》
ある年老いた御婦人が、ひどく口汚いのは、彼女の魂が醜いからだ。
若い娘たちは、魂を醜くせず年老いてほしい。
《感想7》
若い娘たちは、一方で、危なっかしい。
だが確かに他方、素直で屈託ない魂の美と、肉体的な若さの美が、共に若い娘たちに宿ることもある。
若い娘たちが、幸せに、若さを実践できたらいいと思う。

 Blue Girls

Twirling your blue skirts, travelling the sward
Under the towers of your seminary,
Go listen to your teachers old and contrary
Without believing a word.

Tie the white fillets then about your hair
And think no more of what will come to pass
Than bluebirds that go walking on the grass
And chattering on the air.

Practice your beauty, blue girls, before it fail;
And I will cry with my loud lips and publish
Beauty which all our power shall never establish,
It is so frail.

For I could tell you a story which is true;
I know a woman with a terrible tongue,
Blear eyes fallen from blue,
All her perfections tarnished ――yet it is not long
Since she was lovelier than any of you.
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ライナー・マリア・リルケ(R... | TOP | 何も残らない     »

post a comment

Recent Entries | 日記

Trackback

Trackback  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。