DIARY yuutu

yuuutunna toki no nikki

石川啄木(1886-1912)「何となく汽車に・・・・」『一握の砂』(1910)所収

2017-07-11 23:25:03 | 日記
何となく汽車に乗りたく思ひしのみ
汽車を下りしに
ゆくところなし

《感想》
汽車に乗りたいことがある。しかし降りて、ゆくところがないのは寂しい。

I somewhat wanted to get on the train.
I really got it on.
Now I get it off, but I have no place to visit.
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 何もしたくない  | TOP | 人間は滅びるのがよい »

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。