DIARY yuutu

yuuutunna toki no nikki

自然科学が妖怪たちを完全に殺戮する

2017-07-14 17:30:12 | 日記
ある男が夜、家の庭で、二人の少年が相撲を取るのを、見る。
奇妙だ。
男は、少年たちを知らない。
男には、どうやって少年たちがここに現れたか、わからない。
次の夜も、男は少年たちが相撲を取るのを見る。
男は弓をとり、少年たちに矢を射る。
少年たちは倒れ、見えなくなる。
翌朝、男は大きな蚤(ノミ)、また大きな壁蝨(ダニ)が、地面で死んでいるのを見つける。
妖怪だ。
彼らは変化(ヘンゲ)できる。
この話は15世紀のもの。
妖怪は、いつの時代も人間を魅了する。
自然科学が、妖怪たちを完全に殺戮する。
しかし人間は今でも、密かに妖怪がいると信じる。
人間の内的世界では、妖怪は人間同様、リアルだ。

A man sees two little boys wrestling in the garden of his house at night.
It's strange.
He doesn't know them.
And he cannot understand how they can appear there.
The next night, he sees them doing so again.
He takes a bow and shoots arrows toward them.
They fall and cannot be seen any more.
The next morning, he finds that a large flea and also a large tick die on the ground.
They are monsters.
They can change their appearance.
This story belongs to 15 cencury.
Monsters fascinate humans at any time.
Natural sciences completely slaughter monsters.
However, humans still believe that monsters exist even now.
In the inner world of humans, monsters are as real as humans.
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« (1)すべての国民の代表者&(2... | TOP | 迷える子羊のようだ  »

post a comment

Recent Entries | 日記