DIARY yuutu

yuuutunna toki no nikki

アポリネール(1880-1918)堀口大学訳「海月(クラゲ)」『動物詩集』(1911年)  

2016-12-07 13:36:22 | 日記
 海月(クラゲ)

君ら海月(クラゲ)よ 紫色の毛の生えた
世にも不幸な頭よ
君らは好んで暴風雨(アラシ)の海に住むが
僕も君らのように暴風雨(アラシ)が好きだ

《感想》
①詩人は、元気な人だ。「暴風雨(アラシ)が好きだ」と言う。彼は31歳。若いからか、そのような性格のためだろう。
②海月(クラゲ)の頭は、不気味に見えるので、詩人は「不幸」と言ったのだろう。
②-2 海月が、もし人間だったら、「不幸」と言われて、戸惑うか、または「余計なお世話だ」と、怒るだろう。
②-3 しかし海月は、腔腸動物であり、「不幸」と言われても、何も気にしない。
③海月が「暴風雨(アラシ)の海に住む」ことを「好んで」いるかは、実は不明。海月には、人間のような感情がない。詩人は、擬人化している。

 JELLYFISHES
You, oh, jellyfishes!
Your heads with violet hairs seem extremely unhappy in the world!
You like to live in the stormy seas.
I also like storms as much as you do.
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アポリネール(1880-1918)堀... | TOP | ポオル・ヴェルレエヌ、上田... »

post a comment

Recent Entries | 日記