DIARY yuutu

yuuutunna toki no nikki

黙ってる&勝手に好きにしている!

2016-09-15 19:30:32 | 日記
(1)同じことが繰り返される。空しい。生きる甲斐がない。
①「同じこと」は正確には同じでない。しかし、やはり「同じ」と認識される。この世は「同じこと」ばかり。うんざりする。
①-2 この身体、いつも「同じ」。この家、部屋、椅子、服、パソコン、ボールペン、かけている眼鏡等々、この身体を取り巻く一切が、さっきも、昨日も、今日も「同じ」。
①-3 いやだいやだ、何から何まで、ほとんど、毎日、「同じ」。うんざりする。

(2)「同じ」あらゆるものの中に、「変化」が起こる。
②ところが、実は「変化」もいやなのだ。

(3)要するに、この世は「嫌なこと」ばかりなのだ。困ったものだ。
③「そんなに、この世が嫌なら、お前など死んでしまえ!」と言われると、不愉快なので、「この世が嫌だ」と、人前では言わない。

(4)つまり大事なのは、自分を隠して生きること!そして「黙ってる&勝手に好きにしている」のが最良!
④「同じことが繰り返される。空しい。生きる甲斐がない。」などと人前で言ったら危険だ。「殺してやろう!」と言われるかもしれない。「お前なんかに殺される理由はない!」と言いかえせば、喧嘩になる。だから、自分を隠すのが安全。
④-2 「この世は『同じこと』ばかり。うんざりする。」と誰かに言ったら、「文句ばかり、たれてるんじゃねーよ!バーカ!」と言われるのが落ち。それこそバカバカしい。黙っていよう。
④-3 さらに「実は『変化』もいやなのだ。」などと言えば、再び「うるせーな。黙ってろ。好きにしろ。」と言われる。かくて「黙ってる&勝手に好きにしている」のが最良となる。

(5)面倒くさい世の中。大事なのは、まず何よりも、ともかく食べていく、生きていくこと!
⑤ともかく食べて、生きていけたら、あとはあまり、文句を言わないこと!
(a)「同じこと」の繰り返しで、空しく、生きる甲斐がなくても、ともかく生きる。
(a)-2 何から何まで、ほとんど、毎日、「同じ」で、うんざりしても、ともかく、しぶとく生きる。
(b)「変化」が嫌でも、工夫し、切り抜け、生き抜く!
(c)「この世が嫌なら、お前など死んでしまえ!」と言われると不愉快だから、「この世が嫌だ」などと人前では言わず、平然とした顔をして生きる。
(d)結論は、「自分を隠して生きる」!つまり「黙ってる&勝手に好きにしている」のが、生き抜くための最良のスキル!
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 伊東静雄(1906-1953)「即興... | TOP | 大木実(ミノル)(1913-1996)... »

post a comment

Recent Entries | 日記