DIARY yuutu

yuuutunna toki no nikki

「世を経(オサ)め、民を済(スク)う」のはカネである

2017-06-30 19:34:54 | 日記
 「悪銭身につかず」(Easy come, easy go.)全くその通り。「あぶく銭」だ。だがあぶく銭でも、カネはカネ。
 カネがあれば、財もサービスも何でも手に入る。カネは魔力をもつ。カネがないと生きられない。人をつなげるのもカネ。「金の切れ目が縁の切れ目」。(The end of money is the end of love.)
 「時は金なり」。(Time is money.)勤勉の奨励である。消費だけして勤労しない者なら、「時は浪費なり」だ。カネが消えていく。
 経済とは、いかに人々にカネのを獲得させるかの問題だ。経世済民、つまり、「世を経(オサ)め、民を済(スク)う」のはカネである。
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「『森友・加計国会』の通信... | TOP | 「悪魔は年寄りだ」:単純無... »

post a comment

Recent Entries | 日記

Trackback

Trackback  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。