DIARY yuutu

yuuutunna toki no nikki

中桐雅夫(1919-1983)「やせた心」『会社の人事』(1979年、60歳)

2016-10-10 19:05:53 | 日記
 やせた心
老い先が短くなると気も短くなる
このごろはすぐ腹が立つようになってきた
腕時計のバンドもゆるくなってしまった
おれの心がやせた証拠かもしれぬ

酒がやたらにあまくなった
学問にも商売にも品がなくなってきた
昔は資本家が労働者の首をしめたが
今はめいめいが自分の首をしめている

おのれだけが正しいと思っている若者が多い
学生に色目をつかう芸者のような教授が多い
美しいイメジを作っているだけの詩人でも
二流の批評家がせっせとほめてくれる

戦いと飢えで死ぬ人間がいる間は
おれは絶対風雅の道をゆかぬ

《感想》
(1)老い先が短くなる
①「老い先が短くなると気も短くなる」。こう書いた詩人は60歳(1979年)。評者も60代なので、なるほどと思う。60代の老人には、《忍耐強く、学習し、チャンスを狙い、将来の成功を目指す》には、もはや時間が残っていない。
①-2 かくて、将来への対処で自分に謙虚になることはない。傲慢、自己中心になり、居直る。《自分の思い通りでない》と、短気になる。だから「すぐ腹が立つ」のは当然。
②「腕時計のバンドもゆるく」なったのは、加齢とともに筋肉が減ったため。ただし筋肉が減ると基礎代謝が減るので、今まで通り食べると太る。この詩人は、年を取りあっさりした食べ物にしたか、食が細くなって痩せた。
③ただし、身体がやせることが、「心がやせた証拠」であるはずがない。これは、たんなる洒落!
③-2 短気、すぐ立腹は、「心がやせた証拠」!

(2)品のない学問・商売
④詩人の心がやせた証拠、つまり気短に立腹する事柄は、以下の通り。
(ア)「酒がやたらにあまくなった」と怒る。しかし、これは単なる嗜好の時代的変化。怒る理由はない。単なる好みの違い。詩人は、老人となり、忍耐心が減り、傲慢、短気となった。
(イ) 「学問にも商売にも品がなくなってきた」と詩人は怒る。この詩が書かれた70年代後半、おそらく下品な学問とは、実用第一で哲学的でないこと、下品な商売とは、大量生産大量消費のこと。
(イ)-2 老人たる彼は、一方で哲学、他方で多品種少量生産を好む。

(2)-2 《昔》の資本家・労働者
(ウ)「昔は資本家が労働者の首をしめた」。詩人の「今」は、1970年代後半、石油ショック後の低成長時代。この時期は、1964-1973の「昭和元禄」の名残りの時代。労働者はまだ、十分豊かだった。80年代の日本は、《Japan as No. 1》とさえ言われる。だから「資本家が労働者の首をしめた」のは「昔」のことだと、彼は平然と言う。
(ウ)-2 ところで、評者が生きる《1990年以来の失われた20年》の延長上にある2016年は、《アベノミクス》による加速化もあって非正規雇用労働者が4割を超え、その上実質賃金は引き続き上がらない。グローバリゼーションのもと、再び「資本家が労働者の首をしめ」ている。

(2)-3 《今》の自分
(エ) 「今はめいめいが自分の首をしめている」と詩人は怒るが、《社会が公正であり機会の平等がある》ならば、各人の不遇・不幸は、個人の責任である。
(エ)-2 詩人が生きた1970年代後半は、日本の歴史で、おそらく最も《社会が公正であり機会の平等がある》時期だった。その限りでは、詩人が「めいめいが自分の首をしめている」と怒るのは、見当外れである。老人の八つ当たりで、まさに「心がやせた証拠」!

(3)おのれだけが正しい若者
(オ)「おのれだけが正しいと思っている若者」に詩人が怒るのも、見当外れである。民主主義の時代、このような若者の意見の闘いから、理性が徐々に顕現してくる。まず「おのれだけが正しい」と信念を持つ若者が、理性の顕現を可能とする民主主義の前提である。
(オ)-2 ただし異なる意見を恐れる若者は、独善である。傲慢な老人(この詩人)が、独善な若者に腹を立てるのは、滑稽!

(3)-2 色目をつかう教授
(カ)「学生に色目をつかう芸者のような教授」と、詩人は怒るが、1975年の大学進学率は35%、戦前1930年は3%(高等教育就学率)。
(カ)-2 大学生の比率が10倍になり、教授の数も数倍となった。大学も教授も、競争激化。教授が多数の学生から高評価を得ることは、競争に勝ち抜く一手段。詩人は、昔のイメージに、縛られている。

(4)「風雅の道」は非難されるべきか?
⑤「美しいイメジを作っているだけの詩人」、つまり「風雅の道」をゆく詩人は、非難される。このような詩人を「せっせとほめてくれる」批評家は、「二流」とされる。だが、そうだろうか?
⑤-2 「戦いと飢えで死ぬ人間がいる間は/おれは絶対風雅の道をゆかぬ」という決意が示されるとき、この詩人の思考の順序はどうなっているのか?
(ⅰ)まず彼は、《今、この世界に「戦いと飢えで死ぬ人間がいる」》と判断する。
(ⅱ)次いで彼は、《そのような状況は許せない》と考える。
(ⅲ)彼は《その状況を改善する》ことを希望する。
(ⅳ)彼は《詩人をやめない》。
(ⅴ)かくて《詩人》として《状況を改善する》道を探す。
(ⅵ)「風雅の道」は、《状況を改善する》道でないと、詩人は決断する。
⑤-3 しかし《「戦いと飢えで死ぬ人間がいる」状況を改善する道》を《詩人》として探した場合、《「風雅の道」には、人の心を豊かにし、「戦いと飢え」を生み出す心を、変化させる可能性がある》とも、考えられるはずである。
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天野忠(タダシ)(1909 - 1993... | TOP | 村野四郎(1901 - 1975)「鹿... »

post a comment

Recent Entries | 日記

Trackback

Trackback  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。