DIARY yuutu

yuuutunna toki no nikki

中桐雅夫(1919-1983)「こんな島」『夢に夢見て』(1972年、53歳)  

2016-10-12 16:58:42 | 日記
 こんな島
みんなが正しくおれは間違っているから
おれはいっそ情けない怠け者になってやろう
線香の煙のように
寝言と仕事の間をうっすら揺れていよう

武器を手にしていないものはいないから
むしろおれはやさしい言葉になってみたい
きれいな人の咽喉と舌の間にころがって
唇から外へ出ない音になってみたい

だれもかれも勇敢だから
おれはいっそ卑怯な火消しになってやろう
ふところの金を勘定しながら
見舞い酒でねたみ心を燃え上がらせよう

みんな目的と確信をあり余らせているから
おれは行先を考えずにとぼとぼ歩こう
自信のないことがおれの唯一のとりえだ
おれは強いものや激しいものから離れていよう

故郷を恋しがらぬものはいないというから
おれは故郷をことわり続けてやろう
雨といっしょに降る塵となって
「こんな島は沈んでしまえ」とどなってやろう

《感想1》
(1) (ア)熟慮・検討不足、かつ(イ)保身的・付和雷同的な、いわゆる世の中の「正し」い考えは《真の理性》に基づかない
①この詩人が、「みんなが正しくおれは間違っている」と言うのはなぜか?
(ア)彼には、理性がある。真偽の判断をするから。
(イ)彼は理性を持ち、真偽の判断できるのに、何故、自分の考えを「正しく」なるよう直さないのか?
(ウ)彼は実は、「みんな」の判断が、《真の理性》に基づかないと思っている。
(エ)世間の者、つまり「みんな」は、この人に対し「間違っている」と言うが、それは、彼らの言い分にすぎない。
(オ)この人は、世の中で「正し」いと主張される考えが、実は《真の理性》に基づかないと、批判する。
②世の中が、彼を「情けない怠け者」と軽蔑しても、彼自身は、そう思わない。
③この人の理性は、「みんなが正し」いとする考えが、《胡散臭い》と判断する。(ア)よく熟慮・検討せず、(イ)「みんなが正し」いと言うからとの理由だけで保身のため付和雷同するのは、《真の理性》にもとづかないと、彼は思う。

(1)-2 (ア)「寝言」と侮蔑されようと自身の意見を述べ、また(イ)「仕事」し金を稼ぐ
④この人は、世間の多数派の考えに与しない。では彼は、どうしたらよいか?
④-2 一方で、(ア)自分自身の意見を述べる。世間の多数派に無視され、「寝言」と侮蔑されようと、構わない。
④-3 他方で、(イ)彼は、この世の生活のため、真面目に「仕事」し、金を稼ぐ。

《感想2》
(2)「目的と確信」を声高に絶叫し、政治的に戦いあうようなことはしない;書かれた文字で訴える
⑤「武器を手にしていないものはいない」とは、政治的に戦いあうことの比喩。60年代末から70年代にかけて、日本で、政治闘争があったが、それは実際の武器を使用した内戦・内乱でない。
⑤-2 「目的と確信」を声高に絶叫し、政治的に戦いあうことを、この詩人は、「武器」を取ると呼ぶ。「武器」を取ることについて、彼は、懐疑的である。
⑤-3 つまり、彼は、「武器」を取らず、「やさしい言葉」を使う。
⑤-4 「やさしい」とは、武器に訴えないこと。
⑥ 彼が、醜い人(女)でなく、「きれいな人」(女)を好むのは、セクハラ!『聖書』風に《心のきれいな人》と、言うべきである。
⑦ 「唇から外へ出ない音」は、言葉が《音声》なら、読話(ドクワ)あるいは読唇術(トクシンジュツ)であるが、この人は、ここで、読話について語っているのではない。
⑦-2 彼は、《声高な呼びかけ、演説、絶叫をしない》と語る。彼は、書かれた《文字》で静かに訴える。《文字》は、声高な《音声》に至らず、せいぜい呟(ツブヤ)かれる。

《感想3》
(3)世間的に「卑怯」と言われても構わない;戦いの「火消し」を目指す
⑧「だれもかれも勇敢」だが、《自分は「勇敢」な行動はしない》と、この人は言う。理由は2つ。
(ア)猪突猛進が最上の策でない。
(イ)そういう行動の仕方は自分に合わない。
⑧-2 世間的に「勇敢」でないので、「卑怯」と言われる。彼は、それを甘受する。
⑧-3 しかし、彼は「火消し」を目指す。戦いを煽らない。
⑨また、この人は、いつも生活・生計の道を考える。だから一方で「ふところの金を勘定しながら」、しかし他方で「火消し」として、平静・平安な心を取り返せるよう「見舞い酒」を送る。
⑨-2 彼は、戦う両者に、「見舞い酒」を送るだろう。
⑩ ただし、戦いに参加しない彼は、両者から「卑怯」と非難され、《楽をしている奴だ》と「ねたみ心」を持たれる。

《感想4》
(4)声高に語られる「目的と確信」を疑う
⑪この人は「目的と確信」に対し、懐疑的である。
⑪-2 60年代末から70年代は、70年安保闘争、全共闘運動、新左翼運動など《政治の季節》だった。この人は、その《政治の季節》から距離を置く。
⑪-3「行先」となるべき「目的」への「確信」を、彼は持てない。彼は「行先を考え」られない。
⑫かくて、彼は、「とぼとぼ歩」くしかない。
⑫-2 彼は、「自信のない」状態にある。
⑫-3 そう言いながら、実は彼には、隠された自信がある。「自信のないことがおれの唯一のとりえだ」と言う彼の何という居直り、つまり自信。
⑫-4 彼は、声高に語られる「目的と確信」を疑う。
⑫-5 「強いものや激しいもの」、すなわち強行的なもの、熱狂的なものに、この人は危うさを感じる。熟慮・検討の不足、あるいは保身のための付和雷同を、この人は嫌う。この人は《真の理性》を追い求める。

(4)-2 おれは「塵」つまりゴミでない
⑬この人は、戦い合う両者の「目的と確信」を疑い、どちらにも与しないため、両者から「塵」つまりゴミ扱いされる。
⑬-2 かくて、《おれは「塵」つまりゴミでない》と叫びたい気分、すなわち《洪水が来て「こんな島は沈んでしまえ」》とどなりたい気分を、この人は、最後に明示する。
⑭《「こんな島」、日本、つまり「故郷」》を、「ことわり続けてやろう」と、彼は宣言する。彼は、こんな「故郷を恋しが」ったりしない。
⑭-2 (ア)よく熟慮・検討せず、《「みんなが正し」いと言う》との理由だけで保身のため付和雷同する者たちの島、すなわち(イ)声高に語られる偽りの「目的と確信」に満ち《真の理性》にもとづかない島、このような島は「沈んでしまえ」と、この人は言う。
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 村野四郎(1901 - 1975)「鹿... | TOP | 杉山平一(1914-2012)「憩い... »

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。