DIARY yuutu

yuuutunna toki no nikki

「やくざと在日」の新時代を予感させる?      

2017-07-14 19:20:16 | 日記
 「任侠団体山口組代表織田絆誠の告白」の記事で、『週刊ポスト』(2017年7月21日号)が、六代目山口組から分裂した神戸山口組、それをさらに分裂させ任侠団体山口組を立ち上げた織田絆誠(50)を、取り上げる。彼は「在日」であり、「やくざと在日」の新時代を予感させるという。
 彼の本名は金禎紀である。
 彼は、「トップは、中堅、若手が毎月組に納める会費(上納金)で飯を食うな」と主張。
 モットーは「ヤクザはヤクザらしく」である。つまりヤクザは、社会貢献せよと言う。具体的には、不良外国人グループや半グレ集団の排除・善導、そして海外在留邦人の警護など。ヤクザが、社会から排除されないよう、社会的に有用な役割を果たすべきだと言う。
 もともとヤクザ組織は、一般企業や役所に就職できず、「ヤクザにしかなれない人」の生計の途といった側面があった。伝統的に、在日韓国・朝鮮人や被差別部落出身者を排除しない。
 織田は、喧嘩・抗争がめっぽう強く、同時に雄弁家・アジテーター。
 在日3世として典型的なヤクザの道を歩んだ織田に、今のギクシャクした日韓関係について聞く。
①「実際のところ、朝鮮人の強制連行はパーセンテージで言うと微々たるもの。肉体労働者の数が足りなくて多少あったと思います。」
②「慰安婦問題については、(a)同じようなことが世界中であった。(b)そういう時代やった。(c)そうしないとご飯を食べられなかった人もいたと思います。」「(d)そういう中で女郎屋の女衒も関係していたでしょう。それは日本国内でもあった話で、女を無理矢理とか悪い人間もおったでしょう。」
②-2 「(a)-2 全体でいうと、需要と供給の中で、各国で同じようなことがあったと思います。」「(b)-2 残念だけどしかたなかった。」「(b)-3 戦争が生んだ悲劇の一環。」
③「在日側からする恨みつらみはよくない。」「あんまり敏感に反応することじゃなく、もっとこう世界全体を見てほしい。」「在日の若い子らに言いたいのは、ありのままに受け止めてほしいということです。」
 織田は「韓国は生みの親、日本は育ての親」と言う。「どちらも大事だが、どちらかと言うと、育ての親に決まってます。私ら(3世)は韓国語もしゃべれない。日本に育ててもらったことに感謝し、育ての親に親孝行する。これのどこが悪いのか。」
 「1世、2世は、確かにいわれない差別を受けた。が、日本という国にお世話になり続けたのも事実です。」
 「自分も50の歳になってようやく一つの答えが出ました。恨みつらみはよくない。」「在日が日本人とともに、日本国民のために命がけでがんばろうというのは、男として1人の人間として、全然恥ずかしいことじゃない。」

《感想》任侠道の理想主義的な発言。しかし組織としてどうやって稼いでいくかが、重要だ。犯罪に手を染めるわけにいかない。警備保障会社的に利益をあげていくのか?
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 迷える子羊のようだ  | TOP | Emily Dickinson (1830-1886)... »

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。