DIARY yuutu

yuuutunna toki no nikki

北原白秋(1885-1942)「毛虫」『思ひ出』所収(1911年)

2017-04-29 20:02:58 | 日記
 毛虫

毛虫、毛虫、青い毛虫
そなたは何処(ドコ)へ匍(ハ)うてゆく。
夏の日くれの磨硝子(スリガラス)
薄く曇れる冷たさに
幽かに幽かにその腹部(ハラ)の透いて伝はる美しさ。
外の光のさみしいか、
内の小笛のこひしいか。
毛虫、毛虫、青い毛虫、
そなたはひとり何処へゆく。

《感想》
「青」色は、透き通り、また超現実的。
「匍(ハ)う」毛虫は、意図なく進み、実利世界に反する。
「夏の日くれ」は衰滅の時。
「磨硝子(スリガラス)」は明瞭さの対極で、曖昧さの暗喩。
人の血が温かいのに対し、「冷たさ」は死体に等しい。
明瞭な日常の現実に対し、不明瞭で「幽か」な現実。
手の届かぬ向こう側に毛虫は這うが、その「透いて」見える腹部(ハラ)は「美し」い。
非現実世界の「美」のようである。
毛虫は硝子戸の外側を這うが、日暮れの外の光は「さみしい」のか?
あるいは毛虫は硝子戸の内側の歓楽(「小笛」)に惹かれるのか?
毛虫は、「ひとり」、匍(ハ)ってゆく。
そして毛虫は、意図なく、非実利的に「匍(ハ)」い続ける。
詩人は、超現実、非実利、衰滅、曖昧、死体、不明瞭・幽かさ、美、非現実、さみしさ、歓楽、ひとり――これらのものを、愛する。

 A CATERPILLAR

A caterpillar, a caterpillar, a blue caterpillar, where do you crawl?
Through the ground glass of a window, that is cold and slightly gray, the cataerpillar's abdomen can be transparently seen to a too much feeble extent and is very beautiful.
Do you feel sad seeing a light from outside?
Instead, do you want to hear a small whistle blowing from inside?
A caterpillar, a caterpillar, a blue caterpillar, where do you crawl alone?
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「生きる」こと・ものが、「... | TOP | 色々な人   »

post a comment

Recent Entries | 日記

Trackback

Trackback  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。