すーさんの山日記

山と釣りとテレマーク
八幡平の登山情報

裏岩手縦走路(モッコ岳~大深山荘~松川温泉) 10/15

2016-10-15 19:39:00 | 裏岩手縦走路

今シーズン、アスピーテラインは11/4の午後5時をもって閉鎖となりますが、週末はあと3回を残すのみ。

今日はほんに秋晴れで、紅葉狩りの行楽客や登山客で賑わいみせる八幡平。

あと何回行けることか?裏岩手縦走路のパトロールをモッコ岳から松川まで。

毎度毎度しつこいようですが、登山道は手入れしないと、土に埋もれ、ササに覆われ、荒れていきます。自然は皆さんが思ってるほどヤワじゃありません。ほったらかしで、そのままの状態を維持し続けるということはありえません。なんと言っても、道なんです。皆さんが歩いてご覧になる登山道脇は、自然と人間のせめぎ合いの境界線なわけです。

焼山山麓のブナ林も良い具合に色づいているようです。

諸桧岳への登山道は粘土質の部分と岩で構成される。気温が下がってきて、霜が降りるようになると、滑りやすく歩きづらくなりますが、それも登山道。

石沼の水面群青。

裏岩手縦走路は歩きやすいところだけではありません。泥濘だってあります。登山道ですから、泥んこになるところだってあるでしょ?

前モロビへ登る登山道は、苔むした雰囲気ある道です。ほんの僅かな距離ですが、裏岩手縦走路の中で一番好きな場所。

前モロビを越えると嶮岨森から大深岳にかけての展望が開けます。ミネザクラやナンゴクミネカエデはほとんど落葉。

嶮岨森山頂に僅かに残る赤い色。

色鮮やかで見栄えの良いものだけに目を奪われないように。

鏡沼。その日、その時、その場所の美しさを見逃さないように。

小春日和の裏岩手。コイワカガミの葉のきらめき。

大深山荘でお昼をすませ、源太ヶ岳へ向かう。大深岳分岐から源太ヶ岳にかけての稜線は展望も良く、紅葉の終わった裏岩手縦走路の山々の眺めが良い。

源太ヶ岳山頂からは岩手山の眺めが最高。

山麓の紅葉も見事。松川の地熱発電所の煙や奥産道松川大橋も俯瞰出来ます。

紅葉前線は里へ向けて日に日に下る。

源太ヶ岳から上倉の水場へ下る。上倉沼周辺の紅葉に差し込むスポットライト。

さらに丸森川へ下っていくと、ブナの黄葉のピーク。

秋の柔らかな光が、黄葉を透かして差し込む。

見れば綺麗なブナの黄葉ですが、結実は皆無。登山道にはソバグリと言われるブナの実は落ちていません。クマはこれからどういう行動に出るのか?里の農作物に被害が及ばなければ良いのですが。

今週末は、県民の森で紅葉まつりです。多くの行楽客で賑わいを見せており、まつりに合わせるように、松川玄武渓谷の紅葉は見頃を迎えております。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 八幡平〜黒谷地〜茶臼岳 10/14 | トップ | 七滝〜大地獄谷〜御苗代湖 1... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL