ラッシーママのひとりごと

仕事を辞め好きな事に一日を費やしている主婦です。

コマクサ!

2013年07月31日 | 旅行

28日(日)~30日(火)まで姉妹・従姉と一緒に群馬県の「白根山の湯釜」と「赤城自然園」に行って来た


姉妹と従姉に八王子まで来て貰い、圏央道から関越自動車道に乗り渋川伊香保インターを降りて草津方面へ・・・
東京の姉が草津は独身時代に行ったきりで、半世紀以上経ってしまったが行きたいと言う姉のリクエストだった。
勿論、私も草津は初めてで丁度良かった・・・


草津から「白根山」に向かって行くと、山に上るに従って次第に硫黄の臭いが鼻をついてくる・・・
ラッシーパパが「〇ナラのいい臭い・・・」
山麓にある「白根レストハウス」で各々が昼食を頼み、いざ「湯釜」に出発

 

 

レストハウスを起点に湯釜に向かって歩く事20分足らずで着きましたが結構坂がきつかった

 

 

白根山標高2160メートルの山頂にある火山の噴火によって出来た火口湖の一つだそうで
世界で最も強い酸性湖と言われているそうです。

 

 

天気が悪い割には湯釜の色も綺麗に見えて、皆笑顔がこぼれます
今にも降ってきそうな天気が、帰り道ではポツポツと・・・
急いで帰りながら、ラッシーパパと馬鹿な会話をしてました。
あの湯釜に身を投げれば跡型も無く溶けてしまうよ
じゃあ、自殺するにはあそこに飛び込めばいいんだ・・・」


この日の予定は他に大事な一つが残っていました。
今の時期は、草津白根山の主峰で標高2171メートルの「本白根山」
日本では唯一天然記念物のコマクサが自生してるそうで、何としても見たかったのです。


地元の人に訊いたら、無料のシャトルバスで白根山→本白根山まで送ってくれるそうですが
本白根のリフトが16時には終了してしまうそうで、時間を見たらあと45分位しかありません。
どうしても今日見たい~。


シャトルバスは5分位で本白根に連れて行ってくれましたが、着いたのが15時25分
リフトを降りてコマクサが咲いてる場所までは急いでも15分位掛かるそうです。

 

  

 

ここで面白いのは5人ですから、二人づつ乗れば当然一人余ります。
当然ラッシーパパが一人で乗る事になるのですが、ラッシーパパは高所恐怖症
私は最初に東京の姉と乗ってしまい降りたらもうコマクサがある場所に駆け出していましたので
ラッシーパパの顔は見てませんが、怖かったと話してました


コマクサの群生している木道を、足の悪い私が歩いたのですから凄いでしょ。
群生の触りだけですが観て来ましたよ

 

 

息を切らして往復30分で、リフトは終了5分前に間に合いました。


今日のお宿は去年泊まって、食べ切れない程のお料理と素晴らしい温泉
従業員の方の気持ち良い接待で、すっかり気に入ってしまった天守閣のある宿「たちばなの郷 城山」

 

 

宿がある渋川まで60キロ以上あり、白根山を立ったのが16時ですからチェックインの18時までに間にあうか・・・
車の中から到着が少し遅れる事をしましたが、18時ピッタリに着き夕食は18時半ですから忙しい
部屋に荷物を置き、お茶を飲む間も無く夕食開場に・・・


和食会席ですので一つを食べ終わる頃次の物を持って来てくれるので、写真を撮るのが大変・・・
全部食べ終わるのに1時間以上掛かりましたが、去年と違いお喋りの相手が大勢いるので退屈はしません。

 

 

お腹が一杯と言いながら、よく食べました
素晴らしい温泉に入り、楽しい一日目が過ぎて行きました。
二日目・三日目は次回にね! 


 


 

 

 

コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

海に入ったよ!

2013年07月25日 | 旅行

22日(月)から長男家族を連れて伊豆の海へ


ここ何日かは、あの猛暑が続いた日からは考えられない程の涼しい毎日で
海水浴にわざわざ出掛ける必要もないくらいだが
息子の夏休みに合わせて旅館の予約を取り、息子家族は楽しみに待ってただろう海水浴・・・


息子家族を迎えに行き途中で昼食を済まし、曇ってそれほど暑くもなく日焼けを気にする事もなく
伊東に着いたらすぐに海水浴に出掛けられるように
海の家を使うとなると、駐車場やシャワーを借りるとなると皆で10000円位掛かるそうなので
伊東の家から「オレンジビーチ」まで車で5,6分の所ですが、家で水着に着替え、私が送って行った。


平日ですが道路際では海の家のおじさん達の呼び込みが凄い・・・
皆が泳いでる間にスーパーで食事の材料を買ったり、家の中を片づけてたらお迎えの

息子家族とは別居なので子供の煩さとは無縁の生活ですが、この日ばかりは狭い部屋に6人
ワイワイキャーキャーと賑やかを通り過ぎて煩いくらいですが、これも元気だからこそ・・・
昼間の泳ぎ疲れか灯りも早くから消し、寝ながら話しをしていた孫ちゃんも何時の間にか
普段から宵っ張りの朝寝坊の私は電気をつける事も出来ず、只ひたすら寝たふりで我慢


息子が小さい頃に経験してますが、子供は約束した事は何があっても変更は出来ません。
明日は旅館に泊まるから一日海だよ」と息子がK君に話したものだから
朝起きたらすぐに海・海に行くと言い出し、なだめるのに一苦労・・・


波打ち際の宿と謳っている旅館に予約してあったのでチェックインの3時には間があるが
駐車場と水着に着替える場所なら借りられるだろうと前日に電話で問い合わせたら
そういう部屋は無くて着替えるならトイレでと・・・


何言ってんの、それでは波打ち際の宿などと言えないじゃない
23日(火)は朝から温度もグングン上がり、絶好の海水浴日和
家を出る前に全員が水着に着替えて
K君が海・海と煩いので急いで朝食を食べ、残りものでお弁当を作り出発


もう10時頃には片瀬白田にある旅館に着きましたが、目の前の海は岩だらけで
これでは海水浴など出来ないので更衣室が無い事に納得しましたが
海水浴目当てで来た人には不人気でしょうね。
私も訊かずに申し込んだのが悪かったのですがビックリでした。


傍を通った住民に訊いたら「隣町の熱川は砂浜があって泳げるよ
幸いな事に平日なので無料の駐車場に入れられて、私も今回は海に入るつもりです。


毎年伊東の海しか行ってなかったので知らなかったのですが、伊東の海水浴場は周りを防波堤で囲まれ
波が静かで小さい子にも泳ぎ易いのです。
ところが熱川の砂浜は波があり、大人には楽しいですが子供には無理があるようです。
そのつもりで海に入ったTちゃん、1度で波に怯えてしまって2度と海に入らず専ら砂遊び・・・

浜辺の海の家も1軒しか建ってませんが、伊東の浜辺には海の家が10軒位建ってますので
それだけお客さんの数が違うのかも知れません。

 

 

K君は最初はビックリしてたもののすぐ慣れて長い事海に入っていてあがって来ない。

 

 

流石に私も何時間もパラソルの下で待っているのは飽きてきて勇気を出して海に入ってみましたが
私の足が弱いせいだと思いますが、波が引いて行く時足元の踏ん張りが弱くて見事に波に呑まれ
引っくり返りショッパイ塩水を飲んでしまいました
次の波間までに立てずにお尻をズッテ出て来ましたが、戦意消失もう怖くて・・・

息子とラッシーパパが気を使ってくれて、ある程度深い所まで連れて行ってくれましたが
若い頃、大きな波に乗ってあんなに楽しんだのに今は波が怖い。
それでも海の中に入ったのは何十年ぶりでしょう。


浜辺で持ってきたオニギリやとうもろこしなどで昼食を済まし、旅館のチェックインの時間になってきたので
帰る事にしたのですが、孫ちゃん達はかき氷を持ちながら歩いていたのですが
手に付いた砂が氷の中に落ち、所々がゴマ塩のよう・・・

 

      

 

旅館に入ってから孫ちゃん達は夕食後は疲れていたらしく、すぐ寝たそうです。
TVでは東京がゲリラ豪雨で凄い事になってたようですが、伊豆では道が湿った程度の雨でした。
翌日の24日(水)は朝からどんよりとした天気で、25度前後の予想通りで寒いくらい・・・

チェックアウトしてすぐ帰るには時間が勿体ないので、私が前から行きたいと思っていた「細野高原」
春には山菜狩り、秋はススキで野山が一杯になるそうで、ハイキングコースもあり前から気になっていた場所でした。

 

 

生憎の天気ですが、広大な草原を見てるだけで気持ちが大きくなりますね。
秋になったらススキを見ながらハイキングをしましょう。

 

 

伊東の家に寄って昼食を食べてから東京に帰りましたが、息子家族が喜んでくれたので良かったわ。

 

 


 

 

 

コメント (22)
この記事をはてなブックマークに追加

花てまり&色々!

2013年07月21日 | 手芸

今月に入ってすぐから温度がグングン上がり、気象庁始まって以来の猛暑日が続き
毎日、何十人が日射病で病院に搬送された、天気予報ではこまめに水分補給を・・・・と
言っていたのが嘘のような先週辺りから過ごし易くなりました。


2,3日前に今年一番の蝉の抜け変わる様子を見ましたが、今日庭を一寸見ただけで
土のあちこちに小さな穴が空き、蝉の抜け殻の数が凄い・・・

 

   

 

 

 

私は毎朝パン食で、パンに付き物のジャムは全部手作りしてますが
去年作ったプラムジャムが終わりました。

私はプラム系はアレエルギーで生では食べれないのですが、不思議な事に熱を通すと
アレルギーの反応は起こらず食べれるのです。
今はプラムの時期、我が家のソルダムの木に実が20個位付いたのですが
ジャムにする程の数では無く、買い物に行ったら柔らかくなったプラムが安く売ってたので
数にして30個位が300円、早速ジャムを作りました。

 

   

 

 

 

今日の題名に色々と書いてあるように、話しが飛んでゴメンナサイ。
庭のパイナップルリリー、今年も咲いてくれました。

このパイナップルリリーは我が家に来てから10年以上、毎年花を咲かせてくれます。
冬になると枯れてしまったかのような無残な姿をしてますが、春になると顔を出してくれます。
子株もあちこちお嫁に行きました。

 

  

 

 

これから本題の「花てまり」にいく事にしましょう。

この「花てまり」、ブログ仲間の“あざみさん”が先日作ってブログに載せました。
なんでも真似したがり屋の私です、それを見て作りたくなりコメント欄に質問攻め
わざわざ、あざみさんが作り方を写真の説明付きで詳しくブログに載せてくれたのです。
でもそこには、七宝まりより面倒と書いてあったのです


私からしたら七宝まりでも面倒で大変だと思っているのに・・・
でも折角載せてくれたのだからと頑張りました。


あざみさんは9センチのハーポースチロールの玉に
3,5センチにカットした花弁5枚1組を18組と書いてありましたが、
私は8センチのハーポースチロールの玉に5センチ5枚1組を20組位作り
八重花は7センチ5枚1組を3組を作り、ボールに埋めてみましたが隙間が多すぎて
隙間を埋める花を作っていたら、こんなに沢山の花が必要になっていました。



あざみさんは一日1個をTVを見ながら作ったと書いてありましたが
私など3日も掛かってしまい、作った作品がこれです。

 

   

 

お陰様にて可愛い「花てまり」が出来上がりましたが、余りに手が掛かり過ぎて・・・
でも教えて頂き、ありがとうございました。

 

 

 

明日(22日)~24日まで長男の会社が夏休みなので、孫ちゃん達が海水浴が大好きなので
長男家族を連れて伊東の家に1泊、海辺の前のホテルに1泊してきます。
今度は本当に海水浴をするかも・・・

 

コメント蘭は閉じておきます。 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

海水浴のつもりが!

2013年07月16日 | 伊東の家

伊東の海で海水浴のつもりで14日~16日まで伊東に行ってきたが
前日まで猛暑が続き海水浴でもしたいと思っていたが、14日から35度位になったが
あの40度近い暑さから5度位低い温度になると、涼しく感じるのが不思議な程
今年の暑さは尋常ではない


私も若い頃は多少泳ぎも出来、海が好きで好きで海を見たら泳ぎたくて
ジットしておれなかったほどでした


それがリューマチで手首・足首の関節が破壊され、棒状に固まってしまい
関節の役目のしなる?が全く出来ないのです。
その為スイミングに行って初めて判ったのですが
泳いでも手足の関節が利かないと泳げなくはないのですが
浮く事さへも、以前に比べ手足の動きを倍以上動かさないと沈んでしまいます
疲れるだけで楽しいと思えないのです。


14日(日)の海岸は連休なのでさぞや混んでると思っていたのですが
それ程では無く、私も短パンで足を海の中に入れただけで満足して帰って来てしまいました。


以前のように海を見れば泳ぎたいという気持ちも薄れ、15日(月)は猛暑日でも無かったので
海水浴は止めてドライブがてら以前から行ってみたいと思っていた奥石廊崎の「ゆうすげ公園」に行ってみた


この公園の名前の由来は草原一面に群生してる「ゆうすげの花」
私は未だ見た事がないのですが、レモン色のユリ科の花で
7月~8月の夕暮れから咲いて、翌日の午前中には萎んでしまう・・・
私達が見るには余程早くに行かないと難しいですね。

 

 

  

 

 

 

 

もっと早く着いていたら、この草原一面が”ゆうすげ”の花で溢れていたでしょうに・・・残念!

 

何時も「伊東の家」に行く時は、何処に出掛けようかと沢山の資料を持って行くのですが
今回は海水浴ばかりに気を取られ、資料を忘れて行ってしまった為
急遽思いついたのが「ゆうすげ公園」でした。


ラッシーパパが以前持っていたノートパソコンは、仕事に使っていたので何処ででも調べられたのですが
会社を辞めた今では、伊東の家ではラインが入って無くてパソコンは使えないのです。
そんな訳で、「ゆうすげ公園」に着いたのが正午頃でしたが既に皆萎んでいました


コンビニで昼食と飲み物を買い、草原の頂上でお弁当を食べようと思っていたのですが
頂上にはベンチがあるだけで日陰になる所が無い・・・
遊歩道は1周10分位で歩けてしまうので下に降り車の中で食べた。


面白い事に、この駐車場は5台分あるのですが、私達が行くまでは誰も停めてなく
私達の車を停めると後から3台も停まり、私達の食事中も入れ替わり車が停まるのです。


私達は人を呼ぶのかしら」などと冗談を言いましたが、他のお土産屋さんなどでもそうなのです。
誰も入って無いのですが、私達が入ってると後から車が入って来ます。
こういう事って、ありませんか?


下田で帰る途中に「はまぼうロード」と言う7月~8月に掛けてはまぼうが見事に群生する
大加茂川河口の遊歩道で1周約730メートルだそうです。
黄色の日本原産のハイビスカスだそうですが、其処に寄る事にしました。


最近の私達が遊ぶのは自然でなるべくお金の掛からない所を探して遊んでいますが
この「はまぼうロード」も駐車場150台無料と書いてあったのを覚えていたので
此処に行ってみたのですが、海水浴客の車と一緒の駐車場になっており
1台1000円の看板をみて入らずに帰って来てしまいました。
一寸寄るだけで1000円は痛いです。


はまぼうの花が咲く頃は無理かも知れませんが、此処も何時かは来て見たい所ですね。
まだまだ行きたい所は沢山あるので楽しみです。




 

 

 

 

コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

7月手芸の会&庭!

2013年07月11日 | 手芸

先週関東地方の梅雨が明けたと思ったら、翌日から毎日真夏日が続く猛暑
今日も館林で39,5度の猛暑、連続35度以上の猛暑日は気象庁始まって以来初めてとの事
新聞では毎日のように熱中症による救急車が出動、それも回数が凄い・・・
私が住んでいる地元では38度以上が毎日続き、夜もクーラー無しでは眠れない。


こまめに水分を補給して暑い時間の外出はなるげく避けて、涼しくなってから動こうと思ってはいるが
私達が育った子供の頃は30度を過ぎる事は何回も無かったように覚えている。
昔はクーラーどころか扇風機も無く、団扇で扇ぎながら夜寝たものだ


そんな暑い中、9日(火)に月1のシネマ歌舞伎「怪談 牡丹灯篭」を観に行って来た。
私は特別歌舞伎に興味を持ってる訳では無いが
偶々ブログ仲間の銀河さんがチケットを用意して下さり、彼女に連れられて行ったのが始まりで
それから何回か歌舞伎を観に行っている。


私が3,4年前まで働いていた時は、芸術など楽しむ余裕も無く働いていたが
今では好きな事も出来るようになり、やっと芸術に目を向けれるようになったのです。
歌舞伎を親しむ頃と同時に演劇も機会があれば出掛けるようにしております。


このシネマ歌舞伎を上映してる映画館は数が少なく、上映期間も1週間と短いのですが
一日1回で10時の上映時間に間に合うよう出掛けたのですが
驚いた事にチケットを買うのに10分位並びました。


最近、映画を見る事が多くなりましたが、今まで映画を見てる時は事業主が可哀そうなほど
MYシアターと思える程の人数しか入ってませんが、中が幾つかに分かれて上映してるので
色々な映画を見る人がチケットを買ってるのだろうと思っていたら
殆どの人がシネマ歌舞伎の上映の部屋に入って行くのです。


席は殆どが埋まり上映してましたが、2時間半の合間に10分の休みがあり
周りを見たら私と同年代の女性が殆どで、男の方は数える程度でした。

 

 

 

真夏の庭は花も暑つ過ぎて淋しいですが、真夏の花が咲いています。

 

  

 

  

 

 

野菜の実も大きくなってきました。

 

 

ゴーヤが2個実が大きくなってきて、トマトも色が付き黄色のパプリカですが色が付くのでしょうか。

 

 

昨日(10日)は月1の「手芸の会」でした。
今月も沢山の作品が集まりました。

 

  

 

この桜のタペストリーは春先から作っていましたが今頃やっと完成しました。

 

 

このダックスフンドのしつけ糸入れですが先月習った物で、ダックスフンドの総揃いです。

 

 

 

今月習ったお地蔵さんです。

 

 

 

今回も一日で作れる作品でした。
外は猛暑でもクーラーの効いた部屋で、お喋りしながらの作品作り楽しいですね

 

 

 



 

追記

明日(14日)~16日まで「伊東の家」に行って来ます。
余りの暑さに伊東に行った時でも海に入った事ないのですが
今回は海水浴が目的です。


以前スイミングに通っていた事があったので水着は持っているのですが
長いこと水着にお世話になってないので一寸恥ずかしいですが



コメント蘭は閉じていきます。


 

コメント (13)
この記事をはてなブックマークに追加

梱包をどうしよう!

2013年07月08日 | 手芸

今日は半同居の息子(次男)の話しです。
息子は未だ独身ですが約4年ほど前に、我が家の近くに中古の1軒家を買い
買った当時は週末のみ自分の家に帰っていましたが、最近では我が家に泊まる事は少なくなりました。


その息子が去年、アメリカの本社に1ヶ月間ほど研修に出掛けてましたが
その研修の間に何かとお世話になったM女史が、用事で今週来日する事になったのです。
それならお土産には日本古来の物がいいのでは・・・・

 

息子に頼まれた訳では無いのですが、「お雛様」なら絶対に喜んでくれるだろうと
今年の2月に足指の手術をした時に、入院中の暇は嫌だと沢山持ち込んだ手芸材料
その中に裁断済みのお雛様の材料が未だ残っていたのです。
出来上がった「お雛様」を見て喜んでくれるかしら・・・

 

 

ところがこの梱包をどうしようかで息子と揉めてしまいました
私は手荷物として持って行って貰うように動かないように紙袋に詰めたのですが
息子は手荷物では邪魔になるからスーツケースの中に入れても壊れないよう
しっかりとしたダンボールで覆うように言うのですが、そんな事は無理です。


結局、持って行って貰うのは荷物になって失礼だから、息子が近々アメリカに行くらしいのですが
その時に息子が手荷物として持って行くと言うのです。
でもそんな話しはアテになりません。
果たして、この「お雛様」、M女史の元に届くのは何時になるやら・・・・

 

 

コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

収穫を期待して!

2013年07月03日 | 映画・観劇・コンサート

前回はPCを変えて困った事を記事にしましたが、先週の24日にブログ仲間と歌舞伎鑑賞
それに釣られて月1上映しているシネマ歌舞伎「刺青奇遇」(いれずみちょうはん)を
28日最終日に見に行って来た。


シネマ歌舞伎とは、劇場での公演を最新の映画撮影用HDカメラで臨場感たっぷりに映し出し
私達が劇場で観るには、高額な最善席は無理でそれなりの席なので細かい表情は読みとり難いのですが
画面が大きく顔の表情、観客の拍手や掛け声などがそのまま伝わってくるのです。


このシネマ歌舞伎の事を教えて貰ったのは勿論”銀河さん
私は2度目のシネマ歌舞伎でしたが、2回とも勘三郎さんと玉三郎さんでした。
その時の記事にも書きましたが
私は持病がリューマチですが、リューマチの人は理由は分からないのですがドライアイの人が多く
ドライアイの人は涙が出にくいらしく、私も気持は泣きたいのですが泣けないのです。


それがどうでしょう、自分でもビックリしたのですが涙が出たのです
何年ぶり、イヤ何十年ぶりでしょう。
物語は本当に悲しい結末なのですが、夫婦愛に満ちた切なくなるほどなのですが
二人とも涙が次から次へと頬を伝い、毎回演じていてもあのように泣くのかと思ったら
さすが大名優、勘三郎さんは本当に惜しい役者さんを亡くしました。

 


 

 

話しはぐっと変わり、5月の連休中に植えた野菜苗も大きくなり、私がユリ園と称してる場所は
ゴーヤが蔓を伸ばし実も1個付き、黄パプリカは色が付くのを待つばかり
トマトも5,6個実を付け、毎日見に行くのが楽しみなのです。

 

 

「伊東の家」では甘夏や梅が多少なりとも採れるのですが
ここ八王子の家では果実の木とは相性が悪いようで、柿の木など20年以上経ち幹も太くなってるのに
1度も実を付けた事が無いままに切ってしまいました。
唯一キンカンが毎年実を付けてくれるようになりましたが
今年は7,8年位前に植えたソルダムの木が20個位、実を付けてくれました。

 

 

このソルダムの木を買って来た頃は、私は未だソルダムアレルギーにはなってなかったのですが
植えてから3,4年経った頃2度ほど実が生った事がありました。


今でも覚えています、最初は3個実が生り私が1個目を食べたとき喉がイガラッポイと思いながら
気のせいにして2個3個食べたら喉が痛くなり声が出にくいのです。


兆度その時友達からがあったのですが、声が出ず喉も痛くてすぐ切ってしまいましたが
それでもソルダムアレルギーとは思わなかったのです。


翌年は2個実が付き前年の事が頭をよぎったのですが、去年は体調が悪かったからかと思い
懲りずに又1個食べだしたのですが、又喉が
これで確実にソルダムアレルギーと分かりました。


それから何年かは実がなっても熟す前に落ちてしまったりで、ここ2,3年は全く採れなかったのですが
それが今年はどうしたのでしょう。
こんなに実がついたのは初めてです。
嬉しいのですが全部ラッシーパパに食べて貰いましょう。


私はお菓子よりも果物の方が好きで、果物が無いと淋しくていられないのですが
娘は殆ど果物を食べません。
ラッシーパパは何でも出された物を美味しいと言って食べてくれるので楽なのです。


ソルダムが実を付けてくれたら気分が良くて、それならブドウも植えてみよう
早速ブドウの木を買って来て植えてみました。

 

  

 

このブドウの木、「ネオマスカット」で298円、安いですね。
もう何十年前にもなりますが、1度ブドウの木を植えた事があるのです。
ブドウの木は成長が早くて1年もすると、相当大きく成長して伸びた枝が凄いのです。


その時は未だラッシーパパの両親も健在で、田舎に行けば食べ切れないほどのデラが・・・
そんな事でブドウの木を切ってしまったのですが
今は田舎も無くなり、ブドウを貰える所が無くなったので、それなら自宅で育ててみよう・・・
はてさて、ブドウが生るかどうか楽しみです。


 

 

 

 

 

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加