ラッシーママのひとりごと

仕事を辞め好きな事に一日を費やしている主婦です。

世界らん展!

2011年02月24日 | 日記

昨日(23日)、又PC仲間四人でツアーに組み込まれていた
「世界らん展日本大賞2011」に行って来ました


羽田空港(国際線旅客ターミナル)→東京スカイツリー→東京ドーム(世界らん展)
→日の出桟橋(イルミネーションクルーズ)


都内なので地元発の時間もゆっくりで、ホテルのランチバイキングでお腹を満たし
去年の10月にオープンした羽田空港国際線旅客ターミナルの見学に・・・
オープンしたては、かなり込んでいたようだが、今はそれ程の事もなく
飛行機の離着陸が見えるが、私の感心は4階の江戸小路の町並みだった。

 

 

東京スカイツリーを近くから眺める。
2/19現在、高さが594メートルなので600メートル超えたかも・・・

 

 

待ちに待ってた、今日の「世界らん展日本大賞2011」の見学の時間90分
東京ドームの会場一杯に蘭の花の山・山・山に圧倒されます

 

 

余りの素晴らしさに写真を撮りまくりましたが、どれを載せるか迷いに迷い
ほんの一部しか載せる事が出来ません。 

 

 

 

 

 

 

 

90分という時間内で、他の三人に目をやりながら写真に夢中になっていると
すぐに逸れてしまい、お互いに探すのが大変なくらい込み合っていた


こんな綺麗な花を見てるのだもの、買わずに帰る事が出来ず
3種類、2000円を持ち帰り、寄せ植えに纏めてみた 



 

この後、日の出桟橋から「東京湾イルミネーションクルーズ」で30分夜景見学
これも綺麗だったのですが、写真はブレブレで一枚も無し


今日の行程は無事に済み、本当に楽しい一日でしたが
今だに?があります・・・


というのは、旅行会社は書けませんが、添乗員さんが男か女か
ツアー前日に架かってきたでは男とばかり思っていましたが
翌日の添乗員さんはスカートを穿いていたので女なんだ・・・


全員集まり、添乗員さんが挨拶する声を聞いてビックリ
声が兎に角太いのです。
改めて見ると、体も大きいし顔も男でも女でも通用する


私達のグループ内でもどちらか迷いましたが、他のグループからも?
あちこちで男女と聞こえます。


勿論、仕事をちゃんとやってくれれば文句は無いのですが
今流行の先端をいってるのでしょうか?
良い時代になりました。

 

      ~  ~  ~  ~  ~  ~  ~  ~  ~  ~  ~  ~  ~

 

これから(25日)「伊東の家」に行って来ますので
コメントの返事、送れる事お許し下さい。




コメント (21)
この記事をはてなブックマークに追加

ミステリーツアー!

2011年02月18日 | 日記

PC仲間の“shinabiさん”が幹事で今回は「旅の福袋」というミステリー日帰りツアーを申し込んでくれたので“やっこちゃんさん”と三人で昨日(17日)行って来ました


「旅の福袋」というだけあって、このツアー新春明けから2月末までのツアーで
日帰りなのに3食は勿論の事、完熟キュウイフルーツの詰め放題や
1,5キロの「新巻鮭」を1本、てんこもり7種類のお土産付きという事で
1月中は毎回25台前後のバスが出たという好評なツアーで
昨日は少ないと言いながらも7台という事でした。


立川駅に集合して、バスに乗り込んだら既に朝食のサンドイッチとコーヒーが
椅子の上に置かれてました。
ミステリーという事で行き先は分からず発車
八王子インターの中央高速に乗ったので、
ここで行き先は山梨方面大月インターで下り、
途中「笹一酒造」と「ハーブ庭園」に寄ったが
これらの店もツアーで何度も連れて来られてるので説明は同じ・・・


只、「ハーブ庭園」の温室は綺麗な花が咲いてるので何度でも見てみたい






















昼食は「信玄の館」、ここも何度目だろう・・・
時期なので“お雛様”が飾ってあったが、最近は“つるし雛”も一緒に
飾ってある所が増えてきた。



 



昼食後も幾つかの土産物屋に寄り、三人共に今朝バスに乗った時に
「土産物は買わない」と約束したにも関わらず、私はまだしも
二人共、行くとこ行くとこ買物して荷物が増えるばかり・・・



最後の行程の「昇仙峡」ではキュウイの詰め放題に挑戦するが
用意してあったビニールの袋が小さいので幾らも入らないが
shinabiさん、6個・やっこちゃん、7個・私、8個


夕食迄の時間、渓谷を見下ろすロープウェイか「影絵の森美術館」
どちらか選ぶのだが、三人共に影絵を選んだ。


この「影絵の森美術館」1994年ギネスブックに掲載された
世界一の影絵美術館として誕生したとか・・・知らなかった
 









この美術館、藤城 清治氏・山下 清氏・竹下 夢二氏・前田 康成氏
内海 桂子氏の五人の作品で溢れている。



の影絵は藤城 清治氏の部屋に入ったすぐにあったので、
写真厳禁とは知らずに写してしまった一作品です。
あまりの素晴らしさに、皆様にも見て頂きたくて・・・








流石、「影絵の森美術館」というだけあって藤城 清治氏の影絵が
100点以上展示してあり、その空間に入った途端、
絵本の国に迷い込んだ心地よい時間が過ぎてゆく
以後はパンフレットより・・・




               コスモスとこびと




                 月光の響き




               こびとのオーケストラ



山下 清氏(日本のゴッホ)、竹下 夢二氏(大正ロマンの天才画家)
前田 康成氏(まんが日本昔ばなし)等、三人三様
独特の描き方で、絵心の無い私でも充分に楽しめた。



中でも驚いたのは内海 桂子氏の“どどいつ絵画展”
何とも言えぬ温かみのある絵画には感嘆の声さへ出てしまう



早めの夕食には勿論“ほうとう”が出た
これで今日の予定は終わったが、一日中食べてばかりいたような気がする。
ブルーベリーティー・すりゴマ小袋はお土産で
フルーツゼリー・ミニどら焼き・御前水ペットボトル・甘酒二杯
全部お腹に収まりました



そして帰りのバスの中では、各土産物屋さんが提供してくれた
5種類のお土産をジャンケンで上位5名が好きな物から戴けるゲーム
私、5位でシクラメン、ゲットしました。



 



帰りのバスの中で可笑しかったのは二人の会話
あれほどお土産は買わないと言いながら、
その荷物どうやって持って帰るの?と聞きたい程の大荷物
二人共、用意が良くて、背負えるリュックに重たい物を入れてます。



バスを降り最後に一人、1,5キロの「新巻鮭」の土産が持たされます。
“やっこちゃん”は前もって「新巻鮭」はいらないと断り
私の分を持ってくれました。




自分のリュックだけでも重いのに、片手に残った軽い荷物
もう片手に私の「新巻鮭」を持ち、本当に助かりました。
さっきは笑ってゴメン



本当に楽しい一日でした
又、お世話になりありがとうございました





昨日貰った「新巻鮭」を、近所のスーパーに持って行き
有償で切り身にして貰いました。

 

 






コメント (30)
この記事をはてなブックマークに追加

又、雪!

2011年02月14日 | 日記

折角の3連休だったが、日本海側は豪雪に悩ませ
屋根に雪が積もり、その重みで屋根が潰れたり
屋根からの雪下ろしで滑って落ち、命を失くした人が百人以上とか・・・
お気の毒で、亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。
太平洋側も11日・12日と雪が降り、天気予報ではどこもかしこも雪マーク


交通網ではあちこちが通行止めになり、旅行に出かける予定だった人も
キャンセルした方が多かったのでは・・・


雪が降っていた11日、何処も出かけず借りてきた映画を観ていたら
バスに乗って長男が子供二人を連れて来た

 

何処にも散歩に連れて行かれず、暇で煩くてしょうがないので
我が家に遊びに来たらしいが、孫達はペータンを見ると
すぐから追いかけっこが始まった

 

 

 

暫くの間、追いかけっこをしていたがやがて飽きて、おやつを食べてから
次男に車で送って貰って帰って行ったが
娘が帰って来てから、ペータンの小屋の中の糞の量を見て
「お母さん、糞の量が少ないけど何かあった?」


先週孫達が来た時、初対面のペータンを興奮して追い回して帰った後は
ペータンの糞の量が少なかったのです。
ストレスが溜まると糞の量が極端に少なくなるのです。
その糞の量によって、ペータンのストレスが分かります


普段のペータンは、安心している時はこんな格好で寝ています
寝ている時でも目は閉じない事が分かりました。
いつ見ても目は開いています。

 

 

 

夕方から又雪が降り出し、先ほど娘と息子が帰って来ましたが、
二人共コートに雪を乗せています。
凄い勢いで降っていて、このままでは明日の朝は大変な事になりそうです

 

  

コメント (26)
この記事をはてなブックマークに追加

映画をはしご!

2011年02月08日 | 日記

お正月早々、私の眩暈騒ぎで長男夫婦を呼ぶ事が出来なかったが
6日(日)に昼食を一緒にした。


今回、ウサギのペータンを見るのが初めての孫二人、
居間に小屋があるので気になり、全く食事に見向きもしない


仕方ないので家に持ち帰って食べれるよう土産用としてつつみ
ペータンを居間に出してあげたが、ペータンも走り回り
それを追い駆けるがペータンの方が逃げるのが早く掴まらない

 

 

 

 

 

 

ペータンと一通り遊んだら、今度は散歩に行くと落ち着かない。
いつもは私も一緒にドライブがてら散歩に行くのだが
今回ばかりは膝が痛く、なるべく歩きたくないのでラッシーパパに任せた。

                                                                                       

 

 

昨日(7日)久し振りに映画のはしごをしてしまった。
先週は月・水・金と病院通いで、何処かに行って息抜きがしたいと思っていたが
今は歩くのが苦痛なので、歩かずに済む所といえば映画


私が観た映画は“僕と妻の1778日の物語り”と“犬とあなたの物語り”


“僕と妻の1778日の物語り”はSF作家(草薙 剛)が妻(竹内 結子)の
大腸ガンで余命1年と宣告され、妻には内緒で
「笑うことで免疫力が上がることがあるそうです。」との言葉に
妻の為だけに笑える小説を書こうと決意して必死に書いて
妻を笑わそうとしてる姿にウルウル


眉村 卓さんの実話を元に映画化した作品だそうだが、
1年の余命を5年にも伸ばした夫婦愛に感動もしたが暗過ぎる


同じスクリーンで時間を変えて映写していた“犬とあなたの物語り”
これは最初から笑いっぱなしで、最初はクスクス笑っていたが
その内、いつの間にか大きな声で笑ってしまっていた


こんなに笑える映画を観たのは久し振り・・・
今の私の心境には大いに癒された



 

コメント (26)
この記事をはてなブックマークに追加

大学病院!

2011年02月05日 | 病院

2/3は節分、殆どのお宅が大豆の節分豆を撒くでしょうが
我が家は2,3年前より落花生を撒くようになった。
理由は簡単、撒いたのを後で拾って食べれるから・・・


我が家の子供が小さかった頃は、節分というと夕方から何処からともなく
「鬼は外、福は内」と聞こえてきたし、我が家もラッシーが存命中は
ラッシーを鬼に見立て、大豆をぶつけながら大きな声で「鬼は外」とやったが
ぶつけられているラッシーは平気な顔で、落ちた大豆を美味しそうに食べていたっけ・・・


ところが最近は何処からも「鬼は外・福は内」の声が聞けなくなりました。
そういう我が家も雨戸を閉めてから、ラッシーパパと二人で「鬼は外・福は内」

 

 

 

 

今、相撲界では八百長事件で大揺れに揺れてますが
昔から八百長相撲をやっていると言われながらも
今回はメールという確証たる証拠がでてしまったので10何人かは認めていますが
一部の人により相撲フアンを裏切り、何百年という国技に泥を塗り
当事者達には厳しい処分をするよう願っています。

                                    

 

昨日、クリニックの先生から紹介された大学病院にCTを撮る為、行ってきましたが
CTの結果は異常も無く、エンブレムの治療もまもなく始められそうです。
いつもの事ながら大学病院で診察を受けるには一日係りとなります。
朝早くに家を出て、家にか帰ったのが16:00近く、疲れてすぐ横になってしまった。


私がリュウマチを発症したのは出産が機でした。
妊娠してお腹が大きくなるに従い、何処かの関節が痛くなるのですが
出産後は傷みも無くなるのでリュウマチときずかずにいたのですが
3人目の長女を産んだ後から徐々に手の指が変形してきたのです。


痛い痛いと言いながらも3人の子育てに追われ、病院に行く時間も無く生活しておりましたが
その内に今度は手首の関節が破壊され、手首が棒のようになり曲げる事が出来ないのです。
勿論、長女を抱き上げるには手首を使いますが私には痛くて抱き上げる事が出来ず
長女には可哀相でしたが殆ど抱いてやらず、抱く時は腕で抱き上げてました。


今から20年位前には足首の関節破壊が起こってました。
この時は子供も大きくなり、病院に行く時間はたっぷりあり治療も受けていたのですが
良い先生に恵まれず痛い痛いと言いながら、足首も棒のようになり曲げる事が出来ません


そして5年前に今のクリニックの先生を知り、初めて診て貰った時に
私の手の変形を一目見て「よくここまで我慢しましたね。」


今の私にはクリニックの先生が付いています。
治療して貰う時間もたっぷりあり、良い先生に恵まれています。
以前のような関節破壊などというような事になる前に、
新しい治療をする為、真剣に考えてくれてます。


私は先生を信じ快方に向かう事でしょう。



                                   



コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

新しい試み!

2011年02月02日 | 病院

前回、新横浜のクリニックに行った時、診察が4週間から2週間毎に変わり
1月31日(月)に行って来た。


その時、前回に採血した数値が出ており前月よりも数値が悪くなっている。
先生は手術とは関係ないと仰っていたが、私自身は手術によって
身体が大きな変化で何かが狂ってしまったのではないかと思っているが・・・


このクリニックに通い出して5年になるが、こんなに数値が悪いのは初めてだ
現状のままでいくと膝が関節破壊されるのは目に見えてます。
その為にも関節破壊の進行を止める事が必要です。


先生もこの数値を見て、今まで飲んでいる免疫抑制剤の数を増やしてくれたが
更に新しい試みをしてみようという事になった。

 

 

 

このエンブレムというのは皮下注射で、坑リウマチ薬で充分な効果が出なかった患者に
治療してるそうですが、このエンブレムの治療を始める前に
今まで罹った病気などを確認されて、副作用などを未然に防ぐようです。


1/31にツベルクリンの注射を打ってきました。
このツベルクリン、結核に感染してるかどうかを調べる基準になるが
「えぇ」今頃、なんでぇ


このエンブレムは結核患者や陽性の人には厳禁だそうで
ツベルクリンの反応が出る48時間後の今日、又行って来た。
勿論、陰性だったが胸のレントゲン写真を撮り、その写真では心配ないが
念の為、胸のCTを撮る事になり、このクリニックではCTの装置が無いので
大きな病院の紹介状を貰い、明後日行って来る事にした。


このクリニックの先生、次から次へと臨機応変に患者に合った診察をしてくれるので
今回も先生にお任せすれば、きっと快方に向かうと信じています。



 

 

コメント (29)
この記事をはてなブックマークに追加