ラッシーママのひとりごと

仕事を辞め好きな事に一日を費やしている主婦です。

畑作り!

2017年12月05日 | 伊東の家

1日~3日まで伊東の家に行って来たが、何時も伊東の家を拠点として遊びに出てしまうので
今迄に畑を作ると言いながらも今回みたいに畑作りに徹する事が無く
空き時間があれば整地に出て1,2時間、整地と言っても何処からか土を持って来て盛り土しただけなので
土を掘ると大小様々な石ころがでてくるし、竹を切った残骸が沢山埋まっていて
それらを取り除かないと畑にはならない。
今回は畑作りをする為に出掛けたので2日間を畑作りに費やしたが、それも適当に休み休みやるので
中々捗らない


ラッシーパパはなんでも嫌がらずに手伝ってくれるのですが、作業に乗るまでに時間が掛かるのです。
長ら族?と言うのでしょうか、TVを見ながら何々しながら・・・
私はやると決めたらすぐにやらないと気が済まないのです。
只、私は足が悪いので他の人より時間が掛かってしまい、その分を余分にみてやり出しますが
中々腰が上がらないラッシーパパを横目に見て知らん顔してやります。


私がやり出してしまえば手伝ってくれるのを知ってるので、わざと大変大変と言うと
それを聴いて覗きに来て一緒に畑作りをしましたが、私が長めの鎌で土を掘り起こし
石ころや竹の切れ端を拾ってると、そんなやり方では時間が掛かるのでと
スコップを持って来て土を掘りおこして、これでお終いと言う。
私は以前に家庭用耕運機を買って伊東の家に持って行ってあったので
今日はその耕運機で土を耕すまでを考えていたので
それでは伊東の家に来た意味がないじゃない
今日は耕運機を使って畑になるまでにしようと思ってきてるのに・・・


ラッシーパパは仕方なく耕運機を出して、目にはゴーグルでカバーして耕し出したのですが、
耕運機の歯車?がガリットいってすぐに止まってしまうのです。
大きな石が歯車に入っています。
未だ未だ石を取り除かないと土を耕す事が出来ません。

 

 

耕運機は止めて地蜜に石ころと竹の切り端しを拾いましたが、今回では拾いきれないので次回に回しましたが
少しは畑らしくなってきました。

 

 

伊東の家に行くと安くて美味しい「魚河岸屋」のランチが食べれるのが楽しみなのですが
今年になってから魚河岸屋には2,3回行ったでしょうか。
と言いますのは大型連休前になると臨時休業するらしく、運悪く休業だったり
材料が無くなり次第に閉店になり、一寸遅くに行くと閉店になってるのです。


その魚河岸屋が今年の7月に移転しました。
駐車場だった場所がコインパーキングに替わってしまい、その事を思ってくれたのか
今迄の場所から幾らも放れてない所に越したのですが
その場所が分からなかったのと、ゆっくり探してる時間も無かったのですが
今回は探しました

 

 

以前は11時半に開店するのを待って何十人も並んでたのですが
今回は番号札を貰って11時半までにお店に戻れば良いのです。
5種類のランチメニューがあり、どれも1100円です。
半年ぶり位にやっとランチにありつけました。

 

 

 

これだけ安くて美味しい所は他に無いですね。
今はネットの時代ですからランチを食べに遠くから来てます。
11時半に25,6人が入り、他の人達は待ってましたが
私達が食べ終わり外に出た時には、看板は終了になってました。
此処のランチを食べるのは大変なのです


伊東は1年中暖かいので紅葉は無いかと思ってたら、紅葉してました。

 

 

何時も帰る日は午前中に伊東の家を出るのですが、今回は帰る日も畑をやりたいので
帰りが3日の14時40分頃になってしまった。
この時間に帰るとなると国道135号線は渋滞するのは分かってるので
宇佐美より「伊豆スカイライン」に乗り、「ターンパイク箱根」を通り帰って来ましたが
此処は何時通っても車がスイスイで、家には17時に着いた。

 

 

 

 

 

 


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 友の死&義母13回忌! | トップ | 自己注射が替わりました! »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
伊東の土均し (だんだん)
2017-12-05 16:56:12
やっこちゃんという方、コメント欄で見かけてました。
亡くなられたのですか、身近に接した人の不幸は辛いですね。
ほんとにご夫婦で働き者ですね!
天気が良いけど寒くなって、昼のうちに仕事済ませたいですよね。
自家製耕運機とは本格的で、畑作りへの意気込みを感じます。
膝さえ丈夫なら、ボランティアで手伝えるのに~
お疲れさまです。
Unknown (あざみ)
2017-12-06 10:01:40
お疲れ様です
広い畑が出来ますネ
小さな畑でも石ころが次々出て来ますから
自然のままだった土地では、いっぱい出て来るでしょうね。
石ころを取り除かないと耕運機が壊れます。

ランチ美味しそう。
お作り定食が良いですね。
大変ですね (tona)
2017-12-06 11:44:59
家の前の畑の手入れをいつも見ていますが、耕す方は若い(といっても50代)息子さんです。
そちらは石ころや竹くずがあるなんて本当に大変。それでも二人で頑張っているのですね。随分畑らしくなってご苦労が偲ばれました。
紅葉と富士山ばっちりですね。
富士山みると嬉しくなってしまう私です。
Unknown (わたすげ)
2017-12-06 20:36:32
今晩は~
伊東の家の畑作りお疲れ様でした。
取りかかりが遅めのパパさんを「やり出してしまえば手伝ってくれる」とママさんの動き始める様子は夫婦の阿吽の呼吸が感じられ、微笑ましく思います。
まだ残っている石や竹の根も中から出てきたそうですが、帰る頃には、ふっくらとした柔らかそうな土になりましたね。

魚河岸屋さんのランチはミックスフライ定食も刺身定食も、とても美味しそうです。
お昼のランチだけで何食分くらいが用意されているのかしら?
今回は食べる事が出来て良かったですね。

15時近くに伊東を出ても、渋滞の無い道を知っているので17時には八王子の家に着いているのですね。
富士山と芦ノ湖が一望出来る良い道ですね。
Unknown (ラッシーママ)
2017-12-07 09:05:59
だんだん 様

おはようございます。
お返事遅くなり、申し訳ありません。

やっこちゃんですが亡くなる前日まで少量ですが、好きな物を食べられ
トイレも一人で行けてて急変して亡くなられたそうで
手芸の会でその話しを聴き、皆さんもそのように死にたいと話しが出たくらい、幸せな一生でした。

伊東の整地ですが、やっと畑らしくなってきました。
来春は何か植えたいと思ってます。
自家製耕運機ではなく家庭用耕運機です。
Unknown (ラッシーママ)
2017-12-07 09:10:26
あざみ 様

おはようございます。

もう畑になってるのを使うなら楽ですが、最初から開墾して畑にするのは大変だと
身をもって知りました。
来春からは作物を作りたいと思ってます。

此処のランチ、安くて美味しいので、時間前から並ばないと食べれません。
やっと魚河岸屋のランチが食べれました。
Unknown (ラッシーママ)
2017-12-07 09:18:16
tona 様

おはようございます。

義父はサラリーマンでしたが、義母が畑で作物を作ってて休む事を知らないので
休みの日でも朝から晩まで畑をやってて、ラッシーパパも子供の頃より手伝わされ
座ると用事を言いつけられたそうで、百姓の辛さを知ってるので
畑などやりたくないそうです。

私も趣味での畑ならやりますが、生活が掛かってる畑は出来ません。
少しは畑らしくなってきました。

日本人は富士山が好きですね。
私も富士山が見えると嬉しくなります。
Unknown (ラッシーママ)
2017-12-07 09:27:38
わたすげ 様

おはようございます。

伊東の家には何度も行ってるのですが、今回のように畑だけをやりに行く事は初めてでした。
お陰様にてだいぶ石ころや竹の切りカスなども取り除けましたが
今月中にもう1度行ってこようと思ってます。

魚河岸屋のランチを食べるには大変なのです。
その日の材料が無くなり次第の終了となりますが
人数も30人位でないかと思います。
土・日・祭日など並んでいても、材料分の人数で切られる事もあり
益々並ぶのが早くなってます。

国道135号線はちょっと時間が遅くなると渋滞が凄いです。
帰る日は午前中にでれば135号線が帰って来ますが
午後からの帰宅なら今回の道を利用しますが、天気が良ければ富士山と芦ノ湖がバッチリ観えます。
おはようございます (ともちゃん)
2017-12-07 10:06:26
ママさん、やっこちゃんとのお別れ、寂しくなられましたね。
手芸友達、いいですね。
たくさんの手芸を通しての思い出を持って逝かれたのでしょう。
そして、畑を作られているご様子。
パパさんがお優しい。
ママさんも、無理しないでくださいね。
新鮮なランチ、うらやましいです。
手芸を見せてくださりありがとうございます。
私も、元気君のママに教えていただき、少し作りました。ママさんにも教わりたいですが、ちょっと、遠いですね。
また、みせてくださいね。
 (☆銀河☆)
2017-12-07 21:48:51
 普通の土地だった所を畑にする・・・
文章に書くととても簡単そうですが、こんなにも大変なのですね。
ラッシーパパのあまりお好きでない畑仕事も
ママさんが頑張っているのを見ると放っておけなくなってお手伝い。優しいパパさんです。

久しぶりに魚河岸の料理写真見ました。
相変わらず美味しそうです。

コメントを投稿

伊東の家」カテゴリの最新記事