人間万事塞翁が万馬券 RASCALのファンラン日記

故障が治るまではとりあえずファンランナー、あきらめずにリハビリも続けます。

16年に読んだ本

2017-01-04 19:40:35 | 読書
昨年1年間で読んだ本ですが、ざっと数えて222冊、だと思います。
250冊くらい読んだ一昨年に比べればやや少なめですが、それでも結構な冊数です。
新潮文庫の100冊、154、155回の直木賞・直木賞候補作、本屋大賞候補作、このミス他各出版社のミステリーランキング10位までの本、特にジャンルもなく、ポリシーもなく、手当たり次第に読んだって感じ。
でも、乱読することで新しい本とも出会いもあるし、全部読み切った時の達成感とかが好きなので、まあいいかなと思っています。
 
自分なりに、ベスト10を選んでみました。
 
1位:宇喜多の捨て嫁(木下昌輝)
2位:帝国の慰安婦(朴裕河)
3位:朝が来る(辻村深月)
4位:ソロモンの偽証(宮部みゆき)
5位:オーダーメイド殺人クラブ(辻村深月)
6位:流(東山彰良)
7位:サラバ!(西加奈子)
8位:しゃべれどもしゃべれども(佐藤多佳子)
9位:日の名残り(カズオ・イシグロ)
10位:暗幕のゲルニカ(原田マハ)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 12月に読んだ本 | トップ | 16年の走行距離 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。