人間万事塞翁が万馬券 RASCALのファンラン日記

故障が治るまではとりあえずファンランナー、あきらめずにリハビリも続けます。

箱根駅伝観戦記

2017-01-04 22:28:56 | スポーツ
箱根駅伝ファンです。
実際のコースも、1区から3区までの全部と、5区の半分くらいは走ったことがあるので、このレースのすごさが実感できます。
自宅や、時にはジムのトレッドミルでTV観戦、夜に録画をラッシュで見て確認、かなりのめりこんでいます。

前の会社が青山学院のすぐそばだったので、昔から心情的に青学を応援してきたのですが、当時はシード権が取れたといっては喜んでいました。それが3年前から一変、ここまで強いチームになるとは。
往路の芦ノ湖は2位と33秒差、山の神、神野大地がいた昨年、一昨年の楽勝ペースとはやや様子が違う往路でした。
往路で2分差以内なら復路で、などと言っていた大学の監督さんもいましたが、私はこの時点で青学のぶっちぎり優勝を確信していました。
6区の小野田くんは2年生ながら昨年は区間2位、その上に区間賞を取れるエース級の田村くん、下田くんを残している。主力を往路につぎ込んだ他の大学では勝負にならない、そう思っていました。

結果は、、、そのエース級の田村くんが脱水になって危なかったわけですが、それでも下田くんが再度後続を突き放しての圧勝、いや、ホントに強い。

早稲田も頑張ったけど、やはりコマが足りないって感じですよね。
駒大は、このところ毎年ブレーキになる選手が出てしまう。
やはり原監督の力、なのかな。

今年も満足度十二分の箱根駅伝でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 16年の走行距離 | トップ | あらし吹く 世にも動くな ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

スポーツ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。