胸腺腫を乗り越えて

手術のできないステージ4の悪性腫瘍を乗り越えて家族を幸せにする男の物語を実現したい

お休み

2017-06-18 05:24:49 | 闘病

抗癌剤治療の苦しみは副作用によるものであり、いろんな体の不調が一度に襲い掛かってくるためかなりしんどいものがあります。さらに抗癌剤の毒は体に蓄積されるので回を追う毎に苦しみは増大します。自分の場合、今回TS-1の投薬期間が10日を過ぎた辺りから、軽い船酔いのような具合の悪さが断続的に出るようになりました。

1コース目も完走間際で胃潰瘍になってしまってたので投薬ストップしたのですが、2コース目の今回も半分の2週間で投薬は1週間のおやすみとなりました。貧血など血液検査のデータが悪かったのと他の副作用もかなり強く出ていることが主治医の判断理由です。それでも残り2週間の投薬を来週から始めれば投薬は規定量に達するので問題はありません。その代わり、通常、3コース目は2週間の休薬を経て始まりますが、先に1週間休薬してるので残り1週間だけの休薬期間となります。CT検査による治療評価の後、3コース目継続するか?否か決められます。

昨日は、久しぶりに義弟と釣りに出掛け、自慢できる釣果ではありませんでしたが、美味しい刺身を食べることができました。休薬中のため問題ないと思ってましたが、暑さにやられてまた気分が悪くなったのですが、海の上で自分だけ帰る訳にはいかないので一日頑張りました。義弟が一緒だったので助かりましたが無理はできないことを改めて認識しました。今週も楽しい週末となったのでまた明日から仕事、治療を頑張って行こうと思います。

 

『闘病』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2コース目に行こう | トップ | 評価 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

闘病」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。