みみかほう

こころの耳をすませて すてきな果報にであいたいとおもいます。

✿グッドモーニングショー

2016年10月13日 | ✿映画
中井貴一さんのファンです。
中井さん主演の映画なら、おもしろくないはずがない。

笑いあり、涙あり、
感動巨編です。さすが。





解説・・テレビのワイドショーを舞台に、『踊る大捜査線』シリーズの脚本などで知られる君塚良一がメガホンを取ったコメディー。番組メインキャスターの男が巻き込まれる災難だらけの1日を、情報番組と報道番組とのいざこざや、過酷な視聴率競争といったテレビ業界の裏事情を盛り込みながら描く。受難続きの主人公には中井貴一、彼を翻弄(ほんろう)するアシスタントの女子アナを長澤まさみが熱演。そのほか志田未来、吉田羊、濱田岳、松重豊、時任三郎ら芸達者が勢ぞろいする。

あらすじ・・朝のワイドショー「グッドモーニングショー」のメインキャスター澄田真吾(中井貴一)は、付き合っていると勝手に勘違いしているアシスタントの小川圭子(長澤まさみ)から生放送中に自分たちの交際を公表しようと迫られアセる。さらにプロデューサーの石山聡(時任三郎)からは番組の打ち切りを告げられ落ち込んでしまう。そんな時、都内のカフェで爆弾を持って人質をとる立てこもり事件が発生。犯人(濱田岳)はなぜか澄田を交渉役に指名した。落ち目のキャスターの澄田が、にわかに全国的に注目され、防弾チョッキ姿で犯人に向き合って説得するという前代未聞の生放送が始まった…。





あらゆる仕事には、それに立ち向かう人々のプライドがある。
そのことを、あたためて確認させる作品です。


監督さんは、「踊る大捜査線」シリーズなどで脚本を手掛けた君塚良一監督。
業界の第一線で活躍してきた人なんだそうで、テレビ局の裏事情をわかりやすい面白さで説明してくれます。
時間に追われる生放送、番組構成の優先順位、情報番組と報道番組の上下関係と確執、数字に一喜一憂する視聴率競争に視聴者の生の声などなど。
へえ~そうなんだあ。こりゃ、大変だあ~。


主人公の澄田は、かつて報道番組のエースキャスターだった過去を持ちます。
彼が報道番組から遠ざかった理由、澄田家の家庭の問題、根拠のない不倫関係まで、すべてが立てこもり事件とうまく関連付けられていくのです。見事。

それにしてもですよ、澄田の奥さんと息子の態度はなんですか。
旦那さんの稼ぎで、今の暮らしがあるわけでしょう。
息子は父親の仕事を卑下します。
おいっこらっ!!
アンタ、おとうさんのその仕事のおかげで、大学まで行かせてもらってるんだろ~がっ!!!
奥さんと息子が、スクリーンに登場するたびに、もっ、いらいらしました。


ネタばれは、しませんよ。ご安心を~


立てこもり犯の要求がなぜ、澄田なのか。
そこんとこ、ネタバレしませんが、
防弾チョッキにスタッフ手作りの隠しカメラを仕込み、犯人に立ち向かう姿は
もう、がんばる日本のおとうさん代表のようです。

立てこもり犯の役は、濱田岳くん。
彼は、上手い。
なぜ、立てこもるはめになったのか。いきさつを知っただけで、
立てこもり犯に、ついつい同情してしまいます。


ついには、立てこもり犯それから人質たちに、
「死んでほしくない」か?「死んでもかまわない」か?
ワイドショーのノリで、視聴者に回答を求める。という事態に。

なんと・・。集計の結果は、「死んでもかまわない」という回答が上回ってしまうのです。

ここです。ここだと思うんです。
この集計結果の表わす風潮こそが、作者が問題提起したかった真髄ではなかろうか。。

結果として、「死んでほしくない」とう回答が多かった。と、犯人には嘘の報告をし、
投降させます。


悲しくて、辛くて、ある意味 空恐ろしい結末ですよね・・。
考えさせられます。



グッドモーニングショー10月10日鑑賞





・・・





『映画』 ジャンルのランキング
コメント (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ✿おかあさんから | トップ | ✿撫で撫でして慈しみ可愛がる子 »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは、はなこころさん。 (田舎親爺)
2016-10-13 09:39:53
おもしろそうですね。
グッドモーニング。

中井貴一、いい男。
MKママもファンです。

佐田啓二さんの息子さんですから・・・
似てきましたね。
おはようございます (ひより)
2016-10-13 11:07:34
面白そうなドラマですね〜。
中井さんは面白役多くないですか?
キムタクと共演のマホー瓶ドラマも面白くて観入りました。
出演者の中に私が好きな俳優さんの名前がありました。
時任三郎さん
最近見かけなくなったので、なんだかとても嬉しいです。
Unknown (fukurou0731)
2016-10-13 11:23:26
おはようございます。
シンゴジラを見に行ったんです。術後なのに。(笑)
その時、予告編でやっていました。
面白そうなので、見たいと思いました。
なので、みみかほうさんの解説は斜め読みしました。失礼!君の名はも見たいし、映画三昧になりそうです。
はなこころさま (Hawks Fan)
2016-10-13 13:01:58
中井貴一さん素敵ですね。

サラメシ好きで見ています。


Hawksどうにかなりませんか。

悔しいです。
集計 (都月満夫)
2016-10-13 14:54:35
今は瞬時に集計ができる時代。
集計の数字の恐ろしさがわかりますね。
数字は正義ではないということです^^
したっけ
多数決 (norinorimiffy)
2016-10-13 14:58:15
>この集計結果の表わす風潮こそが、作者が問題提起したかった真髄ではなかろうか。。
この風潮。わたしも最近よく感じます。
だから多数決って ある意味こわいな~って思うんです。
こんにちわ♪ (どり)
2016-10-13 17:33:39
映画の宣伝で、
中井貴一さん、テレビにたくさん出演なさってますね。
若いころよりずーーーっとかっこいいな
ユーモアもあって、トークがおもしろいと思います!
この映画、時任三郎さんとの共演も楽しみ

映画での集計結果、怖いです‥
こんばんは (小父さん)
2016-10-13 19:39:00
読んでいて、ふと三谷幸喜作の『ラヂオの時間』を思い出しました。

タイトルはロビン・ウィリアムズ主演の『グッドモーニング, ベトナム』!(笑)

ここでリンク先の予告編を拝見しました。
「パパ生命保険いくら入っていたかしら?」で大笑いいたしました。
吉田羊が演じているんですか?
ヒツジスト?とか何かと呼ばれて人気者らしいですね。

キャストは名優ぞろいですね。
濱田岳もあちこちに出まくっているみたいで・・・。

>アンタ、おとうさんのその仕事のおかげで、大学まで行かせてもらってるんだろ~がっ!!!

はっはっは、この台詞も劇中みたいです。

今日のはなこころさんは、小森和子おばちゃまと見間違えそうでした
こんばんは (こりす工房)
2016-10-13 19:51:52
この映画、面白いそうですね~~~
こちらには映画館がないので、
車で1時間の場所まで、行かなくはいけないのですが、
友人が、見に行った来たそうです。

濱田岳くんが立てこもり犯役なんですね!
今晩は (oyajisann)
2016-10-13 20:01:09
中井貴一さん見ると母はお父さんの佐田さんの
話になります。私は?
中井貴一さん好青年役からすっかりお父さん役
に月日は流れますね。
何時もありがとうございます。
いつも適格。 (koumama)
2016-10-14 09:41:19
はなこころしゃんのレビューを見てから映画を選ぶってもうだいぶ前からしてる気がする(笑)
ほんと 感想がうまいんだよなぁ。
中井喜一さん好きで この映画の予告みておもしろそうってずっと思っていました
まだはじまったばかりだよね
見に行こうと思います。ありがとぉ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。