みみかほう

こころの耳をすませて すてきな果報にであいたいとおもいます。

✿どうぞよろしくお願いします

2017年04月24日 | ✿おでかけ

福岡は3月25日開花発表

4月5日満開宣言





またまた、久留米&大牟田へおじゃましましたあ。
主人のかかりつけの病院が久留米ということで、






せっかく久留米まで行くんだから、
久留米水天宮に参拝しよう。
大牟田まで足を伸ばして おなじみの美味しい美味しい不知火最中を買いに行こう
そいでもって、大牟田ラーメンなるものを 食べてみよう。


往路 福岡市営地下鉄→JR
復路 西鉄電車→タクシー



レポはじまり




まず、大牟田へ。
大牟田ラーメンの老舗【福龍軒】におじゃましました。
まだ 11時半だというのに、すでに満席状態。びっくりくり。



≪福龍軒≫



見た目 白濁したスープで博多のとんこつラーメンに似ていますが
麺が全く違いました。
もっちもちの黄色い中太麺。なんか不思議な感じでした。



≪たまご入りラーメン≫


濃厚な白濁豚骨スープのラーメンとあっさりとして少し透明感のあるスープのラーメンとが共存しており、福岡県内では類を見ないことが特徴として挙げられる。また、久留米市で誕生した豚骨スープのラーメン、いわゆる久留米ラーメンは九州各地のラーメンの源流となっているが、大牟田ラーメンは独自の経路で誕生している。大牟田ラーメンは博多ラーメン、長浜ラーメン、久留米ラーメンのようにカテゴリが確立されておらず、「その他」に分類されている。



腹ごしらえも終わったところで、相川総本舗へ。
おなじみの美味しい美味しい「不知火最中」をいっぱい買いました。
今回は 大牟田名物「草木饅頭」も買いましたよ。


≪甘いよ≫




大牟田市役所です。
立派な種物ですよね。国登録有形文化財です。


≪大牟田市役所≫


1936年(昭和11年)3月に落成。
建築様式としては、「近世式鉄筋コンクリート四階建」と呼ばれる様式で、中央に塔屋4階を配し、優美でモダンで 現在となっては、非常に珍しい建造物となっています。


正面玄関の上には、「大牟田市庁」の看板。

ネット画像


なんと、文字が右から書かれています。そいでもって庁の文字が旧態です。



さあ、大牟田駅に戻り、久留米へ向かいます。

久留米水天宮は、二度目となります。

最初の参拝の様子です。)



さあ、入ります。一礼。

≪よろしくお願いします≫


クリックすると大きくなります。

の鳥居です。



ここ、久留米の水天宮が、全国にある水天宮の総本宮です。




クリックすると大きくなります。



もちろん 東京日本橋の水天宮も、ここ久留米水天宮の分霊社です。


太鼓橋を渡ります。

≪歴史を刻む≫



神門をくぐります。

≪せすじをのばして≫




以前、
参拝させていただいたとき、詳しくまとめています。
水天宮のことも、勉強しました。


二礼二拍手一礼。

≪合掌≫



立派な本殿です。

≪厳か≫



ご神紋は、椿
境内に ほら、咲いています。

≪筑後川の畔で≫

向こうは、筑後川です。


つつじが満開です。

≪おじゃべり≫



安徳天皇の逸話 驚きました。ほんとうに、驚きました。


神門より出ます。

≪どうぞよろしくお願いします≫




水天宮へ向かう途中、坂本繫二郎の生家を通りました。


≪坂本繫二郎生家≫


「放牧三馬」「帽子を持てる女」など、数多くの作品を制作し、74歳で文化勲章を受章した近代洋画家の巨匠、坂本繁二郎は、明治15年(1882年)、旧久留米藩士の子として、市内の京町に生まれました。
この繁二郎の生家は、幕末から明治初期にかけて建てられて、その後、増改築が行われています。また、久留米市に残っている唯一の武家屋敷であり、平成15年7月には 久留米市指定有形文化財 になっています。




≪大牟田市のマンホール≫

市の花ヤブツバキのカラーデザイン



≪久留米市のマンホール≫

耳納連山 (ミノウレンザン) 、筑後川の両脇に市の花久留米ツツジが描かれている。デザインの説明の「みのうれんざん」「ちくごがわ」「くるめつつじ」の文字入り




電車の窓から、「タマスタ筑後」観えました。
ソフトバンクホークスのファーム本拠地です。


≪福岡ドームを夢見て≫


この日は おすぎさんが、いらしてたみたい。
ちょっとここ 福岡市からは遠いなあ。

「タマスタ筑後」福岡県筑後市津島757−1




レポおしまい






万歩計の数は、12551歩。
よく歩きました。


おかげさまで、主人の検査結果も良好で。
お天気よすぎて、日焼けする始末。


もりだくさんの久留米&大牟田訪問。
ああ、充実、充実。



久留米&大牟田4月19日訪問




・・・





『福岡県』 ジャンルのランキング
コメント (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ✿すくすく | トップ | ✿柳楽優弥君と新垣結衣ちゃん »
最近の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
水天宮^^。 (北天使)
2017-04-23 19:57:50
水天宮の本家なんですね^^。
建造物に色彩が施されていなくて年月を感じさせますね^^。
屋根の形状も独特のような気がいたします^^;

豚骨系は駄目です^^;
万歩計の数は、12551歩。 (都月満夫)
2017-04-24 14:15:31
よく歩きましたね。
いい景色と美味しい食べ物があると歩くのも苦になりませんね^^
したっけ。
こんにちは (さくらんぼ)
2017-04-24 17:11:00
はなこころさん こんにちは。

ご主人様の検査結果、良好とのこと。良かったです。

本当に良いお天気。空の青さが眩しい。

二礼二拍手一礼・・・。確認させて頂くことが出来ました。

そして、夕飯前に きつーい。。。。
美味しそうすぎ!!です。



こんにちはー (ちやこ)
2017-04-24 17:28:50
大牟田  ラーメンも 美味しそう。

市役所 立派 ですねー 無形文化材の  建物ですか~
此方 札幌の 道庁も 赤レンガで レトロな 建造物
ですよ
久留米水天満宮 参拝ですね 私も 此処で お参り
させて 頂きました~~  ご利益 有るかなー(笑)
     椿の マンホール
素適です(´・ω・)(・ω・`)ネー お土産の お饅頭も
美味しそう ですねー 良い プチ 旅行 でしたですねー。

。 
読ませていただいて (biko)
2017-04-24 17:32:09
おかげさまで私も水天宮に参拝したような気分です。^^

ほんと、福岡は奥が深いですね。

神社関係といい、食べ物関係といい・・・。

ご紹介いただいたラーメンとお菓子を食べに、わざわざ福岡まで行きたくなりました。

ご主人様、よい結果でよかったですね。
こんにちは (まる)
2017-04-24 18:22:14
ご主人さまの 検査結果が良好との事
よかったですね

水天宮様を 飛び越えて…
不知火最中、草木饅頭と美味しそう~

12551歩、
素敵な1日を楽しまれ 良かったですね。
Unknown (小父さん)
2017-04-24 20:43:53
こんばんは

久留米は兄嫁の里で1~2度行ったことがありますね。
西鉄大牟田線って言いますが、確か一度も行ったことがないような気がします。

へーっ、大牟田ラーメンは興味深いですね。
学生時代には家のすぐ傍に豚骨ラーメン店がありよく行ったものです。
その後、ビルが建ち、1Fに鹿児島ラーメンなる店が出来て美味しくてよく通いましたね。

>カテゴリが確立されておらず、「その他」に分類されている。

ははは、詳しいですね。

「不知火最中」に「草木饅頭」、両方共知りません。

私が馴染み深いのは「千鳥饅頭」・・・確か飯塚あたりから出てきたような。
ちょっと高級なのが「鶏卵素麺」、だけど関西でポピュラーなのは「ひよ子」でした。
これも飯塚生まれのようですね、50年くらい前の話ですが(笑)

えっ、大牟田市役所屋上には.高射砲の台座に防空監視用のコンクリート製哨も残っているとか!
凄いですね~。

久留米水天宮の写真を拝見していると心が洗われますね。
広くって人がいないのが気持ちいいです。

マンホールも実に面白いですね。

ソフトバンクホークスがこんなところに球場を持っているんですか!
金持ちだな~。

西鉄ライオンズが巨人を倒して日本一になった1956年~1958年なんて
平和台球場の観覧席は日本シリーズ用の仮設木造席を増設していましたね。

根本陸夫監督のダイエーホークス時代なんてめちゃめちゃ弱かったですがね。
強くなるはずだ!
おっと、現在は10勝10敗の5割か、その内上がってくるでしょう!
はなこころさま (Hawks Fan)
2017-04-24 21:27:53
つつじ綺麗ですね。

タマスタ筑後も行っていません。

行きたいですね。

Hawksどげんかならんとね!
Unknown (Unknown)
2017-04-24 21:32:41
はなこころ様
こんばんは。
久留米水天宮、とても立派な神社ですね!驚きました。どこを歩いていても神社やお寺があるとついお参りしてしまいます。小さいときからの習慣でしょうね。母がそうでしたから。
神社ではお賽銭をあげて、二礼二拍手一礼の参拝をしています。
Unknown (fukurou0731)
2017-04-24 21:37:17
はなこころ様
慌て者です。
名前忘れていました。ごめんなさい。

コメントを投稿

✿おでかけ」カテゴリの最新記事