魅惑のワインと出会う100の方法

デイリーからカルトワインまで、日々探し求めては飲んだくれているワイン屋のおはなし。

いよいよラスト・野母崎亜熱帯植物園サザンパーク野母崎

2017年03月20日 | マイナー探訪
3月いっぱいで閉園となる長崎市野母崎町にある亜熱帯植物園(サザンパーク野母崎)へ
行ってきました。




この場所はとにかく美しいのと思い出にあふれます。
花の香りとロケーションの素晴らしさは特筆すべきものです。



3連休だし、もうラスト月は入園も無料となっています。
多いかな?とは思っていたものの・・・そりゃ大変でした。



入り口手前から300mはずっと渋滞!!!

入れません!




でもそこはバイクなんですよね~。何とかなるもんです。



一番の目的はこちらの大温室。







この中にあるこれね。



全国でもとても珍しい「ジェードヴァイン」。

翡翠のように美しい色合いが印象的で、すごく心に残る花です。



ところが・・・



まだ全然・・・

せいぜいこんなもの。





しかし早咲きのひと房がありましたよ。



ささやかでしたがすごく良いです。
これが最後になるのでしょうか。せつないです。



そんなジェードバインをテーマにしたささやかな曲も書いたものでした。
拙いけれど聴いていただければ幸いです。


ジェードバインが見たくて(ラリラリピノ、オリジナル曲)



余計に思い出深いよね~。

ってホントはタイトルは後から適当に付けただけなんですけどね。




天気も良くて穏やかな日でした。

開園史上最大級の人でごった返していたかと思います。


ねえみんな~、もっと早くからこれだけ駆けつけていたら閉園せんで済んだとに~!
って思いましたが、我が身を振り返ると・・・言葉に詰まってしまいます。




ひとつ大きく考えさせられたこと。
何やらイベントや改装など、しなければ人が集まらない・・・という風潮は何とか
打破できないものか???

このテーマはこの植物園だけでなく、すべてのテーマパーク娯楽施設、観光スポット、
はたまたデパート、マーケットやお店にまで言えることではないでしょうか?!


イベントやリニューアルなどに頼らない、デフォスタイルでも基本的にいけるようなことにこそ、
考えを向けなければならないと痛感しましたが・・・すご~く難しい命題ですよね。

常にお客さんを迎える側が変化、進化していくってことになるのでしょうか。
大変なことですね。


『長崎県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お墨付き-フロム ピノ | トップ | レストラン凪-M・トリノ マル... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む