魅惑のワインと出会う100の方法

デイリーからカルトワインまで、日々探し求めては飲んだくれているワイン屋のおはなし。

しゃくねつ味-コノスルの2015はすごいことになるかな?!

2017年01月25日 | ワイン 2017
家族が買ってきました。ミントタブレットです。

こんなのあるんですねえ。




しゃくねつ味・・・おお、私の人生のようだ・・・って何人が思うことでしょう。

ところで竜王でなく「りゅうおう」ですよね。ファミコン世代にはここツボです。





夜はささやかなお祝いだったので・・・




NV ロゼット スプマンテ
  (伊、トレッビアーノ種、白)

ささやかに安泡を。味わいは書くほどのものではありません。
可愛いもんです。




その後はこれ。




2015 コノスル シングルヴィンヤード ピノ・ノワール
  (チリ、ピノ種、赤、千円台後半)

香りはイチゴ、チェリー、スグリ、モモっぽいフルーツ。圧倒的にフルーツが支配しては
いるものの、奥に動物系の旨味が潜みながらも、お菓子系の甘みとして出ているイメージです。


味わいは赤系フルーツが誘惑するような、魅力的な果実味。美しく、酸がその形を鮮やかに
張りを縁どり、タンニンは細かく邪魔しないように存在しています。
やはりチリの2015年は良いヴィンテージだと思います。

これはとても美味しいです。赤系フルーツがはち切れんばかりに溢れて弾けていきます。

千円未満、千円程度のワインと決定的に違うところが、弾力感と美しさと、弾ける余韻です。
普段チリを飲む方も、たまには上のクラスをお飲みください。かなり違いますから。

このワイン、若いピノ・ノワールが好きな方にはとても相性が良いでしょう。

2015年のコノスルシリーズは期待十分ですよ。
フランスもメチャ素晴らしいので、美味しいワインで溢れることと思います。


ジャンル:
お酒・お茶
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なんば-エンドリッツィ | トップ | 長崎で最も異国情緒のある?... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ワイン 2017」カテゴリの最新記事