魅惑のワインと出会う100の方法

デイリーからカルトワインまで、日々探し求めては飲んだくれているワイン屋のおはなし。

ぱぴこ-油そばアゲイン-M・トリノ

2017年06月17日 | 美味しいもの
ぱぴこ行ったばかりですが、また行きました。


ホントはまたカレー食べたかったけど・・・悩んで「油そば」に。




最近ちょっとはまってしまいました。油そば。
食べると満腹感と共に、豚骨魂としては微妙な後悔もよぎるのですが・・・

まあ、しょんなかぁ。




やってきました。



来た以上はもう後戻りはできません。(右下側にちょっと乗ってるのはニンニク)


ぐるぐるとかき混ぜて食べます。

細切れチャーシューも美味しいのですが、ホントの魅力はタマネギだと思う。

大好きなのでタマネギが入っていると否定出来ない味になってしまう。



もちろん途中からこれも混ぜます。



タマネギ、ネギ、チャーシュー、そしてのこの辛子、さらに辛し高菜、おおぉぉ・・・。

食テロ的に攻めてくる。これを書いている時点で、自分が自分に食テロされている。


もしかしてこのお店の魅力は基本の魚介系の旨味にプラスすることの、この辛味と辛し高菜
なのかも?と、ヨダレを出しながらふと思ったりもする。いや、多分そうなのだ。





夜はこちら。




2016 ミシェル・トリノ ピノ・ノワール
   (アルゼンチン、ピノ・ノワール種、赤、千円未満)

当初弱いか?と思っていたが、旨味もよく出始めてきています。
ポテンシャルや余韻の長さはさすがに千円未満なので文句言わないでください。(汗)
じわじわと良くなってはいますが、まだ2015年ものの方が良かったと思わせる段階です。
期待しましょう。

『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 18ディチョット-フィンカ・エ... | トップ | Bass Day in Nagasaki-一麺亭 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む