魅惑のワインと出会う100の方法

デイリーからカルトワインまで、日々探し求めては飲んだくれているワイン屋のおはなし。

カレー週間の〆-チキンコルマ

2017年01月30日 | 美味しいもの
カレー週間もいよいよ最後です。
ワインの記事もちゃんと書かねばなりませんし。

・・・といってもまだ食べるかもしれません、いや間違いなく食べます。

コホン!



初めての小さな店に突撃してみたら、店主は常連さんたちとジャム作りか、料理作りか
何かをされていて、私を「どうぞ」と通された後、10分間ほど放置プレイ。
水も出ず、オーダーすら聞かれず・・・
食べに出て、時間食って、お店を放ったらかすわけにもいきませんよね。


しばらく待っておりましたが、あまりに無反応なので、「急いでいるので失礼します、また来ます」
と言って店を出てしまいました。
こんなことあるんだなあー、としみじみ。



特に怒っているわけでもありません。きっとここのカレーの味じゃ物足りないだろうなあー
と推測しました。でも確かめにまた行く日があるかも。




さて、背水の陣で向かうは、ここからまずまず近い場所にあるマドゥバニ。
こちらのお店は時間はかからない。間もなくやってきます。


この日のチキンコルマはややマイルド。



食べながら「鉄板カレーだよなあ・・・」と。
やはりカレー週間の〆としてふさわしい味わいです。最近チキンコルマは限定と銘打っていますが
定番となりつつあるようです。



ここのスパイスカレーはぜひ一度食べてー!というところがございましたら、ぜひ教えてくださいね。
普通の日本的カレー、欧風カレー以外でお願いします。行ける範囲なら、がんばって行こうと思います。




しばらくワインを書いておりませんでした。

これはいけません!


今夜はこれ。




2014 チョサス・カラスカル ラス・トレス ブランコ
  (スペイン、シャルドネ種他、白、2千円台)

「トレス」というのは「3」という意味です。
3種類の白ブドウによって造られます。

ラベルの端に書いてあります。



シャルドネ、ソーヴィニヨン・ブラン、マカベオの3種。

いろんなニュアンスもあります。

香りはトロピカルフルーツ系で、開いた部分と引き締まった部分が共存するような面白さ
があります。青い柑橘に香木やキンモクセイ、線香、あおさ、若々しさと黄色さ、完熟感
とひね感、カラフルに香ります。

味わいはさわやかな部分、とろっとオイリーな部分、相対する味わいが同居するという
呉越同舟的、怪しくも危険な状態の味わいです。

私の好みではありませんが、これ好きだと仰る方は当然いることでしょう。

採用はないとしても面白いワインだと思います。


ジャンル:
お酒・お茶
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« だるま亭-すじカレー | トップ | ランタンフェスティバル-誕生... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
絶対鉄板 (ふぅ)
2017-01-31 01:00:46
宝町のなんばさん!
ご存知ならいいの。
煮干しや昆布、丁寧な仕込み。
な、超旨本格スパイシーカリ
Unknown (ラリラリピノ)
2017-01-31 02:02:05
ふぅさん、ありがとうございます。

なんばは数日前の記事にも書きましたし、何度もアップし
てありますよん。美味しかですもんねぇ!

もっともっとカレーの美味しいお店、出来て欲しいですね。

コメントを投稿

美味しいもの」カテゴリの最新記事