道なりに歩いていこうか

週間アニメの感想や萌え語りを、筆のおもむくままつらつらと。週に1回でも更新できれば御の字かなぁ、なんて……。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

もっけ 第2話「ナガレイズナ」

2007年10月15日 | Weblog
そういえば、この『もっけ』、製作がマッドハウスなんですよね。
電脳コイルといい、もっけといい、ややレトロな雰囲気の中、少年少女が人ならぬ存在と対峙し、翻弄されるシチュエーションが物語の中核にある作品に、ほぼ同時期に関わっているのが偶然なのかどうか、大いに気になるところです。
まあ、どっちもしっかり面白いので、全然モウマンタイなんですが…(苦笑)。

さて、檜原姉妹の妹・瑞生とイズナとの交流を描いた、今回のもっけ。
原作を読んだ時点(と言っても2巻ぽっきりですが)では、このお話が一番お気に入りだったんですよね~。
おじいちゃんが登場しないのは寂しいものの、逆にそのおかげで(?)、あまり恐くないのがいいところ(苦笑)。

でも、だからといって、ただ口当たりがいいだけのストーリーではないのが、もっけのもっけたる所以だったり…。
本来は、善でも悪でもないイズナの“力”。
それを手にした人が、知らず知らずのうちに歪めたり乱用したりすることによって、結果的にイズナの評判を落としてしまうという“逆説”の悲しさは、とつとつとした静流の語りと相まって、心の奥底にずんと響きました。

イズナ役の中尾さんが、またぴったりハマッていらっしゃって…。
イズナの哀愁漂う軽妙さを過不足なく演じきった、味と厚みのある演技力は、“大”がつくベテランの方ならではだなあと、改めて感じ入った次第です……(しみじみ)。

あ、それと『みなみけ』。
あそこまでユル~いギャグネタを、途切れず連発できる馬力(←たぶん使い方間違ってるから)には、今回も感心しきりv
“男と女の間で起きるそんなこと”の行きつく先がカレーうどんとか、もうホントにわけがわからんです、ハイ(苦笑)。
『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 電脳コイル 第20話「カンナと... | トップ | バンブーブレード 第3話「ブ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
もっけ 2007/10/15~10/21 (最新キーワードの情報収集・動画ブログ 第三倉庫 アニメ・漫画作品)
もっけについての最近の情報です。