無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

クリスマスツリーのてっぺんに 星の天使が刺さっている習慣のはじまり

2014年11月29日 | 面白画像

昔むかし、あるクリスマスの前日のこと。
トナカイたちを引き連れたサンタクロースは例年通りの旅に出ようとしていた。
しかし、あちらこちらで問題が発生。
まず、玩具を作る4人のベテランの妖精たちが
全員、インフルエンザにかかってしまった。
見習いの妖精たちだけでは、まだ玩具作りの作業がままならない。
サンタクロースはスケジュールに迫られてプレッシャーを感じ始めた。

そんな窮地の最中、
サンタクロースの妻の母親が家に遊びに来ることになった。
妻は各国の航空局に今夜の飛行許可を取りに下界へ出向いているため、
暫くは戻らないので、彼がその世話もしなければならない。
更にストレスを感じてきた。

取りあえず、準備をしておこうと納屋に行き、
トナカイにクリスマス用の金の引き綱を付けにいったら、
3頭が出産寸前で、2頭は柵を飛び越えて、何処かに行ってしまっていた。
彼のストレスが倍増した。

気を取り直してソリに荷物を積もうとしたら、
片方の枠板が割れて袋が転げ落ち、
取出しやすい様に念入りに詰め込んだ玩具が四方に飛び出し、
散らばってしまった。
彼のストレスが最高潮に達した。

とにかく冷静にならなくてはと、
サンタクロースは、コーヒーとウイスキーを一杯づつ飲んで
落ち着こうと家に戻った。
キッチンにある食器棚のところへ行くと、
妖精たちが悪戯に酒を隠してしまったことに気付いた。
もう爆発寸前、キレそうになった。

振り返るとテーブルの角が腹に辺り、テーブルが倒れるとともに、
乗っていたカップとコーヒーポットも落下して粉々に壊してしまった。
仕方なくホウキを取りにいったら、
ホウキの藁の部分をネズミがかじって、ボロボロに。

その時、玄関のインターホンが鳴った。
「こんなクソ忙しい時にうるせーよ! 誰だ!!」
と罵りながら、ドアのところへ行った。
ドアを開けると、巨大なモミの木を抱えた小さな星の天使が佇んでいた。
天使は明るく元気な声でこう言った。
「メリークリスマス、サンタさん。今日はなんて素敵な日なんでしょう!
 ほら、見てくださいな。キレイなクリスマスツリーを持ってきましたよ。
 早速何かオーナメント飾りましょう?」
すると、血管がブチ切れる音とともに天使の首がぶっ飛んだ。

これが、クリスマスツリーのてっぺんに
星の天使が刺さっている習慣のはじまりとのこと。

 

 

 

 

          面白かったら、「ブログランキング」 

              

          人気ブログランキングへ↑↑↑↑↑↑↑↑       

        

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 妻に手を出すな、さもないと... | トップ | 裸で暮らしていた男 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。