無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

橘屋円蔵の噺「堀之内」

2014年10月21日 | 落語・民話

一番軽快で明るくテンポの良い、橘屋円蔵の噺「堀之内」(ほりのうち)によると、
 

めちゃめちゃ粗忽な亭主が神(かみ)信心で”そそっかしい”のを直そうと、朝早く起きてみると、女房の顔も今日行くところも忘れている。顔を洗うのにタンスを開けてみたり、水が汲めないとザルで水をすくっていたり、顔を拭くのに猫で拭こうとして引っかかれたり、弁当を風呂敷に包んで、堀之内のお祖師様に願掛けに出かける。

 電車で行くと効果が薄いから歩いて行くと、自分の行き先を忘れ、道行く人に尋ねるが、右と左の違いで、まるで逆の方向に来ている。もと来た道を戻りもう一度道を尋ねると、なんと自分の家であった 。
 再出発してまたまた道を尋ねると、「この道真っ直ぐ行って鍋屋横丁を左に曲がるとお祖師様に出る」と教えられるが、何回も同じ事を聞きながらやっと着いた。

 お坊さんにお寺と間違え手を合わせたり、お賽銭を上げるつもりが財布ごと投げてしまい、空腹をおぼえ、本堂の脇で首に結わえていた弁当を開くと、風呂敷に弁当ではなく、腰巻きに箱枕。
 怒った亭主が帰ってくるなり文句を言うと、笑って聞いているのは隣の奥方、家に帰り謝ると、女房「隣で怒って、家であやまてもしょうがないでしょ」。腰巻きの件を言うと、「自分で包んで行ったのでしょ、それより着ける物が無くて、スウスウして困った」と逆に言われてしまった。

 それから息子の金坊を風呂に連れて行く事になったが、逆さに入れるからやだという。負ぶってやるからと、お尻を触れば大きなお尻。
奥さん「私のだよ」、「間違えるから後ろに回るな」。
お湯屋を通り越して、金坊に言われ戻ってきた。
ここだ、自分で脱げよ、俺も自分で脱ぐから、「もしもし、そこで裸にならないで下さい。鏡があっても家は床屋です」。
 こんどは湯屋だ、「脱がしてやるから」と今着せたばかりの知らない女の子を裸にしてしまった。湯船に行こうとすれば「お父っつぁん、猿股はいたままだよ」。クルクルって丸めて投げたら湯船の人の頭に被せてしまった。こっちに来いと金坊を引っ張れば、パンダの彫り物をした頭だった。息子の身体を洗おうと洗い始めたら「肩幅が広くなったな。うり二つだ」、「お父っつぁん、鏡磨いてら~」。

 

  

 

                面白かったら、「ブログランキング」 

                

                   人気ブログランキングへ↑↑↑↑↑↑↑↑

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三遊亭円遊の噺、「七福神(... | トップ | この女共を黙らせて下さい!! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。