無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

古今亭志ん生の噺、「庚申待」

2015年02月27日 | 落語・民話

古今亭志ん生の噺、「庚申待」(こうしんまち)によると。

 
 
 日本橋馬喰町の大黒屋金兵衛という旅籠屋で庚申待の日に、店を休み、町内の人達を集め夜明かしで話をやり続けると云うのが、信心深い金兵衛さんの行い。

この日は旅籠は休みにするが、それを承知の人は泊めるので、武士が一人泊まった。

 何か話は無いかと言うので口火を切った。


 夜の四つ頃お茶の水に来ると、茶飯屋の流しが来た。

そこに現れたのが武士で、「エイっ」と言って茶飯屋の親父に切りつけると、体をかわした親父がお鉢で避けたが飯が飛び散った。

これなんだと言うので、「試し斬り」と返事が返ってきたが、「それは茶飯斬り」だと馬鹿っ話をしている。


 田舎者だから村の話で・・・、

 金具付きの駕籠に乗るような出世した娘が居た。

美人だった上、腕力があって、ちょっかいを出す男連中をひとひねりしてしまう。

あるとき、ムジナを捕まえ、ムジナ汁にしたが気味悪がって誰も食べないので一人で平らげた。

それを聞きつけた殿様が、屋敷に上げ、そのうち手が付いて男の子を生んで、お世取りを生んだので出世した。

「女ムジナ汁を食って玉の輿に乗る」と言うから。



 そちらのお侍さんなら何かあるでしょ。

拙者が武者修行の最中、旅先で野宿をすることになってしまった。

小さなお堂があったので、そこに入ってウトウトとしていると外が騒がしい。

覗いてみると大男が若い目の見えない座頭の金を狙っている。

連れの男は太鼓持ちで、この若旦那に世話になったので同伴して、京に上って検校の位をもらうための金だからと懇願している。

助けようと思ったが「君子危うきに近寄らず」と言うので見ていると、その若者を近くの岩に投げ飛ばし、粉々にしてしまった。

太鼓持ちはカタキと飛びついたが、小脇に抱え込まれ、ほほ肉をはぎ取り、座頭を点けて食べた、また(太鼓)モチをはぎ取り、座頭を付けて食べた。

モチをちぎっては砂糖を付けて食べた。

 「どこまでが本当か分からなくなる」。

と云ってるうちに、これは本当の話で、懺悔(ざんげ)話だと云って、熊さんが話し始めた。


 道楽が過ぎて、借りが着物着ているようになって江戸から逃げて旅に出た。

江戸に帰りたくなった晩、熊谷の土手で目の前に雷が落ちて、お爺さんが苦しがっていた。

身体をさすってあげていたら膨らんだ懐の胴巻きに手が触れた。

金無しの自分と比べると、歳も十分生きたし、もう良いだろうと絞め殺したら、200両あった。その金を持って江戸に着いたが悪銭身につかず、文無しに・・・、でも、残るのは爺さんの顔。

夜ごと出てきてうなされたが、10年も経つと薄らいで、今は出なくなった。と、ホラ熊さんが話した。



 宿屋の主人が泊まっていた侍に呼ばれた。

「気にせんで良い。さっきから愉快な話を聞かせて貰っておる。だがな、熊谷で人を殺して金を奪った話はただ事ではないぞ。殺されたのは拙者の父だ。ずっと仇を探しておった。今夜は庚申待だから勘弁するが、明日手打ちにいたすから逃がすなッ。逃がすと全員なで切りだ」。

 宿屋の主人はもう一度熊に尋ねるが、嘘ではない本当の話だと強がりを言った。

皆んなで熊さんを縛って物置へ閉じ込めてしまったが、それ以降は話をする者もいなくなり、静かになってしまった。そして夜が明けた。

 翌朝、武士が発つと云うので、「敵討ちはどうするんです?」と聞くと・・・、

 「何の話じゃ? 拙者の父は健在じゃ」、

「では、昨夜の敵討ちの話は?」、

「嘘じゃ」、

「昨夜の話の嘘では貴方の嘘が大関です。何でそんな嘘を・・・」、

 「ああ言わないと、やかましくて寝られないからだ」。

        

 

    

 

人気ブログランキングへ↑↑↑↑↑↑↑↑ 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 変身 | トップ | も一回やって! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。