無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

貞子の日常

2015年04月18日 | 面白画像

貞子はふと不安におそわれる。
自分が何者なのかわからなくなるからだ。

おそらくこの世の者でないことは間違いない。
食事をすることも睡眠をとることもないからだ。
しかし「じゃあ、あなたは幽霊なんですか?」と聞かれると非常に困ってしまう。
幽霊の定義の中に自分が入っているのかどうか確信が持てないからだ。

貞子が一番悩ましいのは足の存在。
「幽霊には足がない」というのは怪談話のお約束だ。
しかし、貞子には足がある。
それも非常にクリアに。
これが「はい、私は幽霊です」と胸を張れない大きな要因だ。

そこで貞子は考えた。
「もしかして私は幽霊と言うよリはゾンビなんじゃないだろうか?」

確かにゾンビには足がある。
だが、ゾンビに「テレビの中から這い出てくる」ような芸当が出来るのかどうか貞子には疑問が残る。

人間でも、幽霊でも、ゾンビでもないとなると自分は何者なのか?
その事についてもう長いこと考えているが、未だに答えは出ないままだ。
そして、なぜ死して尚こうして現世に留まっているのかも定かではない。
わからないことだらけで不安の種は尽きない。

そんな貞子の抱えるもやもやを唯一晴らしてくれるのが「悲鳴」だ。
悲鳴を聞いた瞬間、自分の存在が認められたように思えて非常に愉快な気分になる。
しかし、それも長くは続かない。
そのため、貞子はまた誰か自分に向けて悲鳴を上げてくれないか期待して、今日も息を潜めて獲物を待ち伏せる。

「悲鳴待ち」
それが貞子の日常だ。

 

↓のキーワードをクリックしてみて

梅雨対策 紫外線対策 旅行 母の日
野外レジャー ゴールデンウィーク 子供の日 父の日
バスト 硬いペニス 娘と関係をもって ヤギと関係を
淫売宿 下半身 熊狩り 一目惚れ
オバマ大統領 沈没 強姦 結婚
携帯電話 彼女の足を開いて シュワちゃん ケダモノ
太さ10センチ 口で 快楽 そそ
お姫様 カリ首 せんずり 野外レジャー

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 花粉症に効く | トップ | 車の屋根にしがみつく男性乗せ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。