無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

明烏(あけがらす)

2015年04月18日 | 落語・民話

「明烏(あけがらす)」

 大門がどちらを向いているかも判らない、硬すぎる息子をもう少し柔らかくと、
悪友2人に親父が頼む。
源兵衛と多助はお稲荷さんのお籠もりだと言うことで日本橋田所町三丁目日
向屋半兵衛の息子時次郎を吉原に連れ出す。
お詣りだけでなくお籠もりに必要な御利益の多いナリ(着物)とお賽銭をたっぷり
持って出掛ける。

 見返り柳を見ながら大門をくぐり、お巫女の家だと言われた茶屋に入る。
茶屋からバレる前に早々に見世に送り込まれると、どんな堅物でもここが何処だか判る。
帰りたいと泣きながらだだをこねる若旦那に、大門の所で帳面に付けていて、
3人で来たのに1人では帰れないと言い含め、飲み始める。
若旦那は一人落ち込んでいると、十八で絶世の美女の花魁”うら里”がそれなら私が
と自らお見立て
。部屋の方にと案内するとさんざん抵抗してやっとの事でその場は収まり・・・
朝を迎える。

 「振られた者のお越し番」。
源兵衛と多助は振られた朝を迎えたが、若旦那はモテて、まだ部屋に居るというので、
甘納豆をほおばりながら覗きに行く。
若旦那はまだ床の中でうら里と共に居る。
2人は「又来ますから、起きたらいいでしょう」、
うら里も「若旦那、早く起きたら」、
「花魁も言っているように早くしたら」、
「花魁はそーは言ってますが、私の足に、足をからめて、離れられないんで・・」。
「う~!。若旦那は時間があるのでユックリ遊んでいらっしゃい。私らは先に帰ります」。
「帰れるものなら、帰ってごらん。大門で止められらー」。




 

↓のキーワードをクリックしてみて

 

梅雨対策 紫外線対策 旅行 母の日
野外レジャー ゴールデンウィーク 子供の日 父の日
バスト 硬いペニス 娘と関係をもって ヤギと関係を
淫売宿 下半身 熊狩り 一目惚れ
オバマ大統領 沈没 強姦 結婚
携帯電話 彼女の足を開いて シュワちゃん ケダモノ
太さ10センチ 口で 快楽 そそ
お姫様 カリ首 せんずり 野外レジャー

 

 

 


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 据えられて 七両二分の 膳... | トップ | 鰻の匂い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。