無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

生徒をソープランドに“引率”、校長室で生徒母親とダブル不倫…「トンデモ先生」列伝

2015年04月07日 | ニュース

生徒をソープランドに“引率”、校長室で生徒母親とダブル不倫…「トンデモ先生」列伝

 東京都内の多くの学校で入学式や始業式が行われ、子供たちは新しい生活に胸を躍らせる季節を迎えている。先生たちの中にも気を引き締め直す人は多いかと思うが、そんな時期だからこそ、今一度、ここで過去の“トンデモ先生”を紹介したい。生徒を風俗店に引率、校長室で保護者と不適切な行為…たがの緩みが、どのような結末を招くのか。一度の過ちで、ふんどしは締め直せなくなる。

 ■風俗店に生徒を“引率”

 平成11年、都立高校定時制の30代の教諭が修学旅行先だった札幌市内で、生徒たちをソープランドに“引率”するという前代未聞の不祥事があった。修学旅行は3泊4日の日程で、4年生の生徒18人、引率の教諭5人で道内をめぐった。

 問題が起こったのは3日目。登別のクマ牧場を見学後、札幌市内で自由行動となった。ここで11人の生徒が繁華街のソープランドに入ろうとしたため、一緒に行動していた教諭がやめるように諭したが、生徒は「おれたちだけで行く」と制止を振り切ろうとした。その結果、教諭がぼったくりなど危険性のない「安全な店」を選び、生徒を数人ずつ振り分けて入店させていたという。

関連ニュース

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 懲りない3人の元首相 | トップ | ワンコはある朝突然に。朝目... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。