無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

それにしてはお若い

2014年10月11日 | 落語・民話

毎度御馴染み与太郎が

御隠居に年齢の褒め方を教わりまして

早速、試しております

「棟梁、おはようございます」

「おー与太、挨拶できるとは偉ぇな」

「棟梁はいつもお若く見えます、どう見ても厄そこそこ」

「嬉しいこと言ってくれるじゃねえか、飯でもどうだ」

まんまと飯にありつきました与太郎

次はお店の番頭さんを見かけまして

「番頭さん、おはようございます」

「おや与太さんかい、おはよう」

「番頭さんはいつもお若く見えます、どう見ても厄そこそこ」

「与太さん、あたしゃ厄までまだ3年もあるよ」

「へっ、じゃあ、どう褒めたらいいの」

「驚いたね、いいかい、そういう時は歳より若く言うんだよ」

「どんな風に」

「あたしなら35、6にしか見えませんって具合だよ」

また一つ教わりました与太郎

今度は友達の家に遊びに行きますと

部屋の真ん中に

生まれたばかりの赤ん坊が寝ております

「おい、この赤ちゃんは、おいくつ?」

「しっかりしろよ、生まれたばかりだから1つに決まってら」

「1つ?それにしてはお若い、どう見てもタダだ」

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« みんなまだ車の運転ができる... | トップ | プロポーズをした »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。