無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

たかじん妻から「2億円遺贈」放棄の要求、やはりあった 「あかるクラブ」が一転認める

2015年05月08日 | ニュース

たかじん妻から「2億円遺贈」放棄の要求、やはりあった 「あかるクラブ」が一転認める

 昨年1月に64歳で亡くなった歌手でタレントのやしきたかじんさんがキャプテンと理事長を務めていた一般社団法人「OSAKAあかるクラブ」が7日、たかじんさんの妻、家鋪さくら氏から同クラブに対し、たかじんさんの約2億円遺贈について放棄要求があったことを公式ホームページで明らかにした。

 さくら氏が遺贈を放棄するよう求めていたことは、一部週刊誌などで報道されていたが、先月27日に大阪市内で行われた記者会見で、同クラブの理事が「要求はなかった」と否定していた。

 同クラブは「理事が対応することに不慣れなこともあり、その場でのコメントに不正確な部分がございました。皆様にご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます」としている。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ある大金持ちが銀行員に奇妙... | トップ | 韓国“自業自得”の苦境…英ロイ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。