無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

上野の仁王門に来る人は、力紙(ちからがみ)といって、 あるいは、眼力が付くように願い

2014年08月29日 | 落語・民話

えー、上野の仁王門に来る人は、力紙(ちからがみ)といって、
あるいは、眼力が付くように願い、あるいは、腕力が付くことを願って、
ここと思うところを目当てに紙を、こう、噛んで吹き付けますなぁ、えぇ。

これを見ていた夫婦連れが、あたし達も、吹き当てようてんで、
亭主が、この、胆力が付くように、仁王様の臍の辺りを目掛けて、
吹こうとうするてぇと、女房が、その手を押さえて、...。

「ちょいとお待ちよぉ。
 そんな、お前さん、臍なんぞへ当てないで、
 もうちょいと、下のほうへ当てなさいよ。」


  

 面白かったら、『ブログランキング』よろしくお願いします。  

 クリックをお願いします↑↑↑↑

ジャンル:
おもしろい
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お釈迦様は三年三月、お腹に... | トップ | 桃の実が大変に、美しく色づ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。